ネットショップは「BASE/ベイス」がおススメな理由

未分類

スポーツクライミング用品を

取り扱っているネットショップって

まだまだ少ないです。

 

2020年東京オリンピックの正式種目に選ばれた

スポーツクライミング

 

この盛り上がりの波に乗って

クライミング用品のネットショップも

どんどん増えていくことでしょう。

 

ネットショップを開設したいと思っている

ジムの人や企業もたくさんいるかと思います。

 

そんな方たちにおススメなのが

BASE」です。

 

今回は「BASE」をおススメする理由をご紹介していきます!

ネットショップは「BASE/ベイス」をおススメする理由

ショップ開設が

60万店舗に達した「BASE

とてもおススメなので理由をご紹介していきます。

無料で開設できる

これが一番でかい!!

なんと出店するのに無料です!!

 

初期費用・月額出店料が無料で

ショップ開設から運営までできて

しかも登録商品数も無制限!!

 

はんぱじゃないっす

 

月額費用などが掛かるところが多い中

無料ってのはありがたや♪

 

掛かる費用は商品が売れたときの

決済手数料のみです!

簡単に始められる

ショップの開設がとても簡単です!

 

ホントにすぐにできますね(笑)

変な登録もないですし安心です。

BASEを1分で体感しよう!

決済方法

決済方法も豊富です♪

 

クレジットカード決済、

銀行振り込み、、コンビニ、後払いなどなど

お客さん側からして嬉しい豊富な決済方法

 

使いやすい

無料で始められるところに

「STORES.jp」もあるのですが、

個人的には「BASE」の方が

シンプルで使いやすいなと思いました。

 

ここら辺は好みなので、両方使ってみてもらって

使いやすい方で進めていただければと思います。

 

なんせ両方とも無料で開設できますからね♪

 

インスタグラムと連携

インスタグラムと連携できます!

 

Instagramである程度フォロワーがいれば

アピールすることができて、

Instagramからの流入も期待できます!

 

Instagramも無料ですからね!

無料でこれだけ出来たら嬉しいですな(*’▽’)

 

デメリット

集客が難しい

Instagramと連携できるようになり

かなり集客しやすくなったものの

 

楽天市場Amazonと比べると

まだまだ認知度は低いので、

集客もわりとハードルあります。

 

有料には劣る

これは仕方ないのですが

有料で始めるところよりは

使い勝手はすこし悪いです。

 

これは仕方ない。。。

 

お金に余裕が有る人は

楽天市場Amazonで始めるのが一番楽かと思います!

まとめ

無料で簡単に始めたいなら

BASE」がおすすめ

・無料

・簡単

・豊富な決済方法

・使いやすい

・インスタと連携

 

とりあえず始めてみて

雰囲気を知るでもOKですね。

 

BASE 無料でネットショップを開設する

 

ネットショップ運営に欠かせないECサイトのメリットデメリット
最近少しづつ増えてきたクライミング用品を取り扱ったネットショップ。ユーザーが便利になるはんめんショップ側は運営がどんどん厳しくなっていきます。が、しかしまだまだクライミング専門のネットショップって少ないです。今のうちに始めるといいかもねっていうお話とECサイトのメリット、デメリットについてご紹介していきます。
クライミング用品をネットで購入したいあなたへおススメのショップ
クライミング業界も広くなったもので、今やネットでクライミング用品を買えちゃう時代です。便利な世の中であります。そんな溢れかえるネットショップのなかで私がおススメしたいのはさかいやオンラインショップさんです!登山とアウトドア用品を専門で扱っているお店で品ぞろえが恐ろしく豊富です。クライミングシューズやチョークなどもありますよぉ!
小山田大「Arcana」V11/3段+を初登したときのボルダリング動画
小山田大さんが岐阜県白川にて「Arcana」V11/3段+を初登したときのボルダリング動画。2手でリップを叩けてしまうとても短くハードな短しい課題です。
原作4千万部越えの大ヒット漫画「今日から俺は」はドラマも凄かった
2018年12月16日にドラマ「今日から俺は!!」が最終回を迎えた。原作は4000万部を超える超大ヒットをした漫画でありまして、その実写化ドラマとして放送していたのでありますな。そしてめちゃくちゃ面白かった!!今日俺ロストであります。
ネットショップ運営で大事な「情報発信」の方法
ネットショップ運営で大事な大事な情報発信。どんな方法で発信していけばいいのだろう。ということで今回は情報発信の方法についてご紹介していきます。ご参考までにどうぞ。



コメント