【ボルダリング初心者必見!】「クロスムーブ」完全攻略!方法とそのコツ。メリットや使い分けも紹介

トレーニング

こんにちは!クライミングブロガーさとしです。

 

今回はボルダリングを始めたばかりの初心者さんに向けて

覚えておくと便利な「クロスムーブ」をご紹介していきます。

・クロスムーブってなに?
・どうやってやる?
・どんなメリットがあっていつ使えばいいの?
ということを解説していきます。
 
 
ジムのスタッフとして5年働いた経験をもとに解説していきますね♪
 
▼動画でサクッと見たい人はこちらからどうぞ▼
「チャンネル登録」もお願いします。

【ボルダリング】初心者が覚えておきたい「クロスムーブ」の方法とコツとメリット

スポンサーリンク

【ボルダリング初心者必見!】「クロスムーブ」完全攻略!方法とそのコツ。メリットや使い分けも紹介

クロスムーブってなに?

まず、ムーブとは課題を効率よく登るための身体の動かし方です。

 

そして、「クロスムーブ」とは

腕を交差させて登っていく動きのことを言います。

 

腕を交差(クロス)して次のホールドを取りにいくので、

トラバース(横移動)のときによく使うムーブとなります。

 

では、さっそく「クロスムーブ」の方法についてみていきます!

写真で分かる!「クロスムーブ」の方法

クロスムーブには二つの方法があります。

・腕を上からクロスする
・腕を下からクロスする
この二つの方法についてみていきましょう。

腕を上からクロスする場合

クロスをして取りに行くホールドが上にある場合は

腕を上からクロスしてホールドを取りに行きます。

クロスをしてホールドを取った後は

ホールドの持ちやすい方向に身体を預けていきます。

で、次の一手を出して完了!

腕を下からクロスする場合

クロスをして取りに行くホールドが下もしくは平行にある場合は

腕を下からクロスをして取りに行きます。

クロスをしたら、次のホールに手をだして完了!

クロスをした後が重要!

そして、重要なポイントはクロスをした後の身体の動かし方です。

クロスをして取ったホールドが、下引きもしくは外側に効く(持ちやすい)ホールドであれば、

身体を返してホールドの効く方向に身体を預けます。

 

クロスをして取ったあとに、、、

腰を壁に近づけるように、ホールドを持ちやすい方向に身体を返していきます。

こんな感じ。

こうすることで、次の一手を安定して出すことができます。

 

クロスをして取ったホールドがガストン方向に効く場合は

そのまま重心を落としてホールドを効かせていきます。

 

クロスをしたら、

重心を落としてホールドを効かせる

安定したら手をだす

クロスの距離によっても難しさが変わる

ホールドの持ちにくさだけではなく、クロスをする距離でも難しさが変わります。

 

距離の近いクロスは比較的やりやすいですが、

距離が遠くなるとすこし難しくなってきます。

頭を腕の中に通すようにするとやりやすくなります。

「クロスムーブ」を使う場面とメリットについて

クロスムーブを使う場面

トラバース、横移動の時が多いと書きましたが、クロスをせずにマッチ(一つのホールドを両手で持つこと)をすれば登れはします。

 

が、マッチの方が大変な場合もあります。

以下の写真のようにクロスで行けば3手で進めるのに対して、

マッチをしていくと

マッチ

マッチ

上の写真のようにマッチをしていくと、5手もかかり

クロスの時よりも2手多くなってしまいます。

 

大きいホールドならマッチするのも楽にできるかもしれませんが、

小さいホールドだとそうもいきません。

 

なので、

小さいホールドでマッチが厳しいトラバースのときは

「クロスムーブ」が有効になってきます。

「クロスムーブ」のメリットは○○!

「クロスムーブ」のメリットは先ほどの写真でお伝えしたとおり、

手数を減らせて省エネで登れることです。

 

省エネで登れるようになると完登率もあがるので、とても重要な要素です。

まとめ

クロスムーブは

・上からクロスする方法と下からクロスする方法がある
・ホールドを取ったあとの身体の動かし方が重要
・マッチが厳しいトラバースのときに有効
・手数を減らせて省エネできるのがメリット
と言う感じでした!
 
 
ぜひ、参考にして登っていただければと思います。
 
▼合わせ読みたいおススメ記事3選▼
 
 

コメント