【ボルダリング】ホールドの向きを意識した「クロスムーブ」のコツ

トレーニング

こんにちは!クライミングブロガーさとしです。

 

今回は

「クロスムーブ」についてです!

 

クロスムーブが苦手な人や

ボルダリングを始めたばかりの人、

これからボルダリングを始めたい人へ向けた記事となっています。

 

ホールドの向きによって意識するポイントが違うので

そのお話をしたいなと思います。

 

【ボルダリング】ホールドの向きを意識した「クロスムーブ」のコツ

ボルダリングではクロスムーブはかなりの頻度で出てくるムーブです。

ボルダリングを始めたばかりの人でも多用するムーブなので

しっかりと習得しておくと後々楽になります。

クロスムーブってなに?

クロスムーブとは腕をクロス、交差させて次のホールドを取りいくムーブです。

使いどころとしては、横移動のときに使うことが多いです。

また使用頻度も多いムーブで初心者から上級者まで全てのクライマーに必要な技術と言えます。

初級グレードの課題でもクロスムーブはでてくるので、基本的なムーブとして考えておいてもよいかと思います。

ボルダリング初心者が覚えておきたいクロスムーブのコツ

取りに行くホールドが上にある場合

クロスをして取りに行くホールドが今持っているホールドより上にある場合は

腕を上からクロスをしてホールドを取りに行きましょう。

上にあるのに下から取りに行こうとすると、届かなかったり、

届いてもそのあとが動けなくなってしまったりします。

取りに行くホールドが下にある場合

取りに行くホールドが今持っているホールドより下にある場合は

腕を下からクロスをしてホールドを取りにいきましょう。

腕を上下どっちからクロスをするのか?すごいシンプルですが大事です。

ホールドの位置関係をしっかり考えて手をだしていきましょう。

課題を登るまえにルートの確認(オブザベーション)をしっかりと行って

上下どちらからクロスをしようか決めておくとGOODです。

ホールドの向きを意識したクロスムーブのコツ

ホールドには力を加える方向で持ちやすさが変わってきます。

下向きに引くと持ちやすいホールド

上向きに引くと持ちやすいアンダーホールド

横引きが一番もちやすいサイドホールドなどなど

それぞれ持ちやすいホールドの向きがあります。

このホールドの向きを意識することで

クロスムーブでホールドを取った後のポイントが変わってきます。

クロスをして取ったホールドが下引きor外側に引く場合

腕をクロスをして取ったホールドの持ちやすい向きが

下向きであったり、外側に持ちやすい向きである場合は

ホールドを取った後に

身体をしっかりと返していくことがポイントとなります。

身体を返していくことで、そのホールドがしっかりと効いてきて持ちやすくなります。

そうすることで、次の動きへとスムーズに移行することができます。

クロスをして取ったホールドが内側に効く場合

クロスをして取ったホールドが内側に効く場合は

身体を返さずに、バランスを取りながら効かせていきます。

バランスが悪くなることが多いので足位置なども考えながら

安定した体勢を保つことがポイントとなってきます。

まとめ

クロスムーブは腕を上下どちらからクロスをさせるのか、

クロスの後のホールドの効く方向で身体を返したり、返さなかったりとなります。

クロスムーブに限らず、ホールドの効く方向をしっかりと考えることで

身体の効率のよい動かし方が決まってくるので

意識しながら登っていきましょう。

その他のトレーニングはこちら

「トレーニングページへ」

コメント