【ボルダリング】初心者が覚えておきたい「キョンムーブ」完全攻略!方法とそのコツ、メリットについても紹介

トレーニング

こんにちは!クライミングブロガーさとしです。

 

今回は「キョンムーブ」について

・「キョン」ってなに?
・どうやってるの?方法は?
・メリットは?
ということについて解説していきます。
 
 
ジムスタッフとして5年間働いてきた経験をもとに解説していきますね♪
 
 
▼動画でサクッて見たい人はこちら▼
「チャンネル登録」もお願いします♪

【ボルダリング】初心者が覚えておきたい「キョンムーブ」方法とそのコツ、メリットについて解説

【ボルダリング】初心者が覚えておきたい「キョンムーブ」完全攻略!方法とそのコツ、メリットについても紹介

キョンムーブってなに?

「キョン」とは

片膝を内側にひねり、足をホールドの内側から外側に突っ張るムーブのことです。

 

「キョン」とは別の呼び方で

「ドロップニー」と呼ぶこともあります。

「キョンムーブ」の方法

キョンをするときは、手を出す方の膝を内側にひねります。

 

右手を出すときは右ひざを、左手を出すときは左ひざをひねって足を突っ張ります。

キョンムーブが有効な場所など

キョンムーブが有効な場所としては

・傾斜のある壁
・足を置くホールドが肩幅よりも広い場所に2点あること
・左右に腕を広げて保持している状態からの一手を出すとき
・ホールドが悪く、保持力が必要とされるとき
という感じかな

傾斜のある壁

キョンはスラブさ垂壁ではちょっとやりづらいです。

傾斜のある壁では体勢を安定させるの難しいので、

キョンを使って体勢を安定させることがあります。

足を置くホールドが肩幅よりも広く2点あること

肩幅よりも狭いホールドにキョンをしようとしても、

膝がはいっていかないので、使えないです。

 

肩幅よりも広いところに2点のホールドがあればキョンはしやすくなります。

また、逆ハの字にホールドが配置されていると、キョンがしやすかったりします。

左右に腕を広げた状態から一手をだすとき

この写真のように手で持っているホールドが遠く、両手を広げるように持っているところから

一手を出そうとすると、身体がドアのように開いてしまったり、片方に引っ張られて身体が振られてしまいます。

 

こんなときにキョンをして下半身を安定させることで、身体が振られずに一手をだすことが出来ます。

ホールドが悪く保持力が必要とされるとき

ホールドが悪いときにもキョンをすれば身体が安定し、保持力がなくても登れたりします。

 

ホールドが悪いときはデッドなども難しくなるので、

キョンを決めることができれば安定して一手を出せるようになります。

メリット・デメリット

メリット

・体勢が安定する
・距離をだせる
という2点が主なメリットです。

体勢が安定する

両足でホールドに突っ張るので、体勢がとても安定します。

得に傾斜のある壁で効果を発揮します。

 

手を離すと身体がはがれて落ちてしまう場所でも

キョンを決めることで体勢が安定し、片手を離してもバランスが崩れずに一手をだすことができます。

距離を出せる

キョンをすることで、腰の位置が壁に近づきます。

そうすることで、安定した体勢を作った状態でもある程度の距離をだすことができます。

デメリット

デメリットは

・膝の負担がでかい
怪我のリスクがあるんですよね(‘Д’)

膝の負担がでかい

キョンは膝を内側にひねり体勢を安定させます。

下半身がかなり安定するかわり、自分の自重も膝にかかりやすくなってきます。

なので、膝への負担がでかくなります。

 

また、キョンで固まった状態で落ちてしまうと、膝を痛める可能性が高まるので注意が必要です。

まとめ

「キョンムーブ」は片膝を内側にひねる、足をホールドの内側から外側に突っ張るようにすることで体勢を安定させるムーブです。

動きさえ覚えれば初心者の人でもやりやすいムーブなので覚えておくことをおススメします。

 

ただ、膝を痛めやすいというデメリットもあるのでお気を付けを!

 

▼合わせて読みたいおススメ記事3選▼

・【ボルダリング】苦手克服!「ランジムーブ」の方法とそのコツ、練習方法まで紹介

・【ボルダリング初心者必見!】「クロスムーブ」の方法とそのコツ。メリットやその使い分けも紹介

・【ボルダリング初心者必見!】「ダイアゴナルムーブ」の方法とそのコツを覚えて上達しよう!

コメント