【ボルダリング】初心者が上達するために意識したい「ホールドの向き」について

トレーニング

こんにちは!クライミングブロガーさとしです。

 

今回は

ボルダリングを始めたばかりの人へ向けて

意識しておきたいことの一つ「ホールドの向き」について

お話していきます。

・ホールドの向きってなに?
・ホールドの向きを意識して登るってどういうこと?
・意識して登るとどうなるの?
ということについて解説していきます。
 
 
ジムスタッフとして5年働いた経験をもとに解説していきます。
 
▼動画でサクッと見たい人はこちらからどうぞ▼
「チャンネル登録」もお願いします。

【ボルダリング】初心者が上達するためには「ホールドの向き」を意識して登ろう!

スポンサーリンク

【ボルダリング】初心者が上達するために意識したい「ホールドの向き」について

ホールドの向きってなに?

ホールドの向きとは、

「ホールドを一番持ちやすい方向」のことです。

 

ホールドによってどの方向に引くと持ちやすいのかってのがあります。

下方向に引くのが持ちやすいのか。

横に引くのがいいのか。

上に引くのがいいのかなどなど。

 

上の写真で言えば「左斜め下方向」に引くのが一番持ちやすいです。

 

下の写真であれば「右斜めちょっと下」ですね。

このようにホールドによって一番持ちやすい方向ってのがあるんですな。

もちろん違う方向にも持つことはできます。

下の写真のように同じ写真でも上から下に引いて持つことも可能です。

 

が、結構もちづらい。

課題によってはこの方向に持たないと進めないこともありますが、

基本的には一番持ちやすい方向で持つような課題がほとんどです。

ホールドの向きを意識しないで登ることのデメリット

上の写真で説明した通り、

持ちづらい方向にホールドを持つと、とっても持ちづらいです。

その状態で課題を登っていくと力の消耗が激しくなります。

 

また、身体も思うように動きづらくなってしまうので、

登るのがとても大変です。

 

ホールドの向きを意識して登ることで、

力を温存でき省エネで登ることが可能になります。

写真で解説!ホールドの向きを意識した登り方

ホールドの向きを意識した登り方を写真を使ってみていきます!

 

青〇が次に持つホールド。

赤⇒がそのホールドの効く(持ちやすい)方向です。

ホールドを掴んだら

ホールドの効く方向に身体を持っていくことで、

ホールドが持ちやすくなります。

ポイントは腕で引かずに身体で引くこと。

腕を伸ばして、身体で引くと持ちやすくなり安定します。

 

前腕を曲げて腕で引くと力を使ってしまい疲れてしまいます。

安定したポジションを作ると次の一手も安定して出すことが可能になっていきますよ♪

 

次も同じ

次に取りに行くホールドの向きは右斜めちょっと下

ホールドを掴んだら

足をちょっとずづ動かしていきます。

そして安定するポジションに身体を持っていき

ホールドを効かせていきます。

アンダーホールドは上方向に持つのが一番持ちやすいので

足をしっかりと上げてホールドを効かせていきます。

そうすると安定して一手が出せるようになります。

まとめ

ホールドの向きを意識して登ることで

・力を無駄に使わず効率よく登れるようになる
というとても素晴らしいメリットがあります!
 
最初が思った通りに足を動かしてホールドを効かせていくのは難しいかもしれませんが、
向きを意識して何度も登っていくことで少しずつ登れるようになっていきます!
 
▼合わせて読みたいおススメ記事3選▼

・【ボルダリング初心者必見!】「クロスムーブ」完全攻略!方法とそのコツ。メリットや使い分けも紹介

・【ボルダリング初心者必見!】「ダイアゴナルムーブ」完全攻略!方法とそのコツ。メリットや使い分けも紹介

・ジムスタッフが伝える!ボルダリング初心者が感じる恥ずかしさ対策方法

コメント