【ボルダリング】脱初心者へ向けて!「フラッギングムーブ」完全攻略!方法やコツ、メリットも合わせて紹介

トレーニング

こんにちは!クライミングブロガーさとしです。

 

今回は

脱初心者に向けて覚えたい

「フラッギングムーブ」について

・フラッギングムーブってなに?
・どうやってやるの?
・コツやメリットは?
ということを解説していきます!
 
 
僕が5年間ジムスタッフとして働いた経験をもとに解説していきます。
僕自身、フラッギングムーブを覚えてからは登りの幅が広がりグンっと登れるようになりました。
 
 
この記事を読むことでフラッギングの方法やコツを習得するための基礎ができますよ♪
 

 

▼動画版はこちら▼

「チャンネル登録」もお願いします♪

【ボルダリング】脱初心者に向けて!「フラッギングムーブ」の方法とそのコツ。メリットや使い分けも紹介

【ボルダリング】脱初心者へ向けて「フラッギングムーブ」完全攻略!方法やコツ、メリットも合わせて紹介

「フラッギングムーブ」ってなに?

「フラッギングムーブ」とはホールドを取るときに身体がドアのように開いてバランスが崩れるのを防ぐムーブです。

 

旗のような形になるから「フラッグ」→「フラッギング」なんですな♪

 

フラッギングムーブには2つの種類があります。

「アウトサイドフラッギング」「インサイドフラッギング」

「アウトサイドフラッギング」ってなに?

ホールドに乗っていない足を身体の外側からクロスさせるムーブです。

写真で見るとこんな感じです。

 

ホールドに乗っていない右足が身体の外側から交差しています。

「アウトサイドフラッギング」の方が「インサイドフラッギング」より使用頻度が高いことが多いです。

「インサイドフラッギング」ってなに?

「インサイドフラッギング」とは、ホールドに乗っていない足が身体の内側からクロスしてバランスを取っているムーブです。

 

写真でみるとこんな感じ

ホールドに乗っていない右足が身体の内側から交差しています。

「インサイドフラッギング」はバランスが取りにくく苦手な人が多いです。

フラッギングムーブの方法とそのコツ

アウトサイドフラッギングの場合

アウトサイドフラッギングはホールドに乗っていない足を身体の外側からクロスさせていきます。

 

この状態から右手を出していくのですが、その前に右足をクロスさせていきます。

ことのきのコツはホールドに乗っていない足を壁にあてること。

壁にあてて支えることで、身体が開いてバランスが崩れるのを防ぐことができます。

 

中途半端に足を交差しているとフラッギングの効果が半減してしまいます。

 

またホールドを持っている軸となる腕は伸ばしておくのもポイントです。

この写真の場合は左手。

足をクロスして壁にあてていると安定して右手が出せます。

インサイドフラッギングの場合

インサイドはホールドに乗っていない足を身体の内側から通してバランスを取ります。

 

この状態からホールドに乗っていない右足を身体の内側から通します。

ことときのポイントはアウトサイドと同じで足を壁にあてておくこと。

 

足を壁にあてることで身体がドアのように開いてしまうのを防ぐことができます。

そして、ホールドを取りに行くんですが、

このときのコツは腰と肩を壁に近づけるようにすることです。

 

ホールドを取りに行く側の腰と肩を近づけていきましょう。

この写真の場合は右手でホールドを取りに行っているので。右腰と右肩を壁に近づけるようにして取りに行きます。

 

腰と肩を近づけるようにすることで、身体が伸びホールドが取りやすくなります。

「フラッギングムーブ」を使う場所。アウトとインの使い分けは?

「フラッギングムーブ」は

・足が切れてドアのように開きバランスが崩れてしまうとき
・足の踏み替えが難しいとき、省略したいとき
に使うことが多いです。
 

身体がドアのように開きバランスが崩れてしまうとき

写真で解説していきます。

この状態から右手を出していきます。

ホールドを取ったときに、足のホールドが踏みにくかったり

取りに行くホールドが左手の上の方ににあったりすると

身体がドアのように開いてしまいます。

 

こんな感じで身体が開きます。

身体が開くととても力を使うので大変です。

フラッギングをするとこでバランスを取りながらホールドを取ることが出来ます。

足の踏み替えが難しいときや、踏み替えを省略したいとき

基本的には身体が開いてバランスが崩れてしまう同じ状況でも

フラッギングをしないで足を踏み替えていくことも可能です。

左足から右足に踏み替えて

ホールドを取る。

これならバランスを取りながらホールドを取ることが出来ます。

次の一手によってはもう一度足を踏み替えて取りに行く必要がでてきます。

こんな感じ

もう一度右足から左足に踏み替えて

ホールドを取る

この踏み替えの一連の流れをフラッギングなら踏み替えを省略しながらバランスをとり登ることが出来ます。

 

左足で乗っている状態

フラッギングをしてホールドを取る

左足は乗ったまま

フラッギングを解除して次のホールドを取りにいく

フラッギングをするだけで足を踏み替えを省略することができました。

アウトサイドとインサイドの使い分けは?

アウトサイドとインサイドでは取れるホールドが違います。

アウトサイドでは腰が下がるので近くのホールドを取るのに適しています。

インサイドは腰の位置が上がるので遠くのホールドを取るのに適しています。

 

腰の位置がとても重要です!

 

詳しくは前の記事で紹介しているのでそちらを参考にしてみてください♪

合わせて読みたい記事【ボルダリング】フラッギング、フックでの腰の位置を比較してみた!課題によって使い分けよう。取れるホールドが全然ちがう!?

フラッギングムーブのメリットとデメリット

メリット

・バランスが取れる
・足の踏み替えが省略できる
・力の温存ができる

デメリット

・慣れるまでちょっと大変
・踏み替えでしか登れないときもある

まとめ

フラッギングムーブは

・バランスを取るために使う
・足の踏み替えを省略できる
・使い分けはホールドの位置で
・クロスした足はしっかりと壁にあてる
ということでした!!
 
 
フラッギングムーブを身に着けることでどんどん上達していくので、
ぜひ参考にしてみてください!
 
 
また、この記事を読んだだけでは身につかないので実際に壁を登って何度も反復練習することが大事です!
 
 
こちらの本は初心者の方におススメ!
色々なムーブが写真を使って丁寧に解説されています。

 

このブログでも参考になる記事を書いています

合わせてどうぞ!

▼合わせて読みたい記事3選▼

・【動画つき!】ボルダリング初心者が覚えておきたい「足の踏み替え」2つの方法とそのコツ

・【ボルダリング初心者必見!】「ダイアゴナルムーブ」の方法とそのコツを覚えて上達しよう!

・【ボルダリング】初心者が絶対にやってしまう「登りづらい足の置き方」登りやすくするための3つの方法とそのコツも紹介

コメント