トップクライマー「ポール・ロビンソン」のトレーニング動画

トレーニング

トップクライマー「ポール・ロビンソン」のトレーニング動画

こんにちは!クライミングジムスタッフ歴5年のさとしです。

 

今回は世界の岩場で活躍する

トップクライマーの「Paul Robinson/ポール・ロビンソン」の

トレーニング動画です。

 

ポール・ロビンソンはV15/5段+の課題を数々登っていて、

外岩の開拓も積極的に行っています。

とにかくめちゃ強い!!

 

そんなポールのトレーニング動画。

かなり激しいです。

Week 1 Training – Training with Brendan Killian BEGINS!

登るトレーニングももちろんしていでしょうが、

基本となる身体づくりが多いですね。

 

体幹トレーニングや懸垂、下半身強化、キャンパシングボードなどなど

全身を鍛え上げています。

 

やっぱり登る以外のトレーニングも大事だ。

身体が出来てないとと思わせてくれる動画ですね♪

トレーニング器具のご紹介!

動画で使われているトレーニング器具と同じ様に使えるものをご紹介

・トレーニングチューブ

二人一組で使うもよし、ストレッチにも使えるし

かなり万能。とりあえず一本あると色々使えますよ(*’▽’)

 

・体幹トレーニング

体幹トレーニングを鍛えると身体がぶれなくなり

必要最低限の力で保持できるようになるので登りが楽になります。

また足まで力が伝達できるようになるので鍛えて損はない!

ただ、地味なトレーニングだからツライ(笑)

僕もこれでトレーニングしています!おすすめ!

ボルダリング 体幹トレーニングの重要性と効果
みなさん体幹トレーニングはしていますか?体幹トレって結構地味でつらいですよね。しかし、そんなつらいトレーニングだからこそ素晴らしい効果が得られるわけで、今一度体幹トレーニングの重要性と効果を語ってトレーニングにめげてた自分を奮い立たせます!

 

・懸垂

懸垂で身体の引きつけ力をつけます。

足がきれた際に振られに堪えられたり、

ムーブが起こしやすくなります。

[ボルダリング] 懸垂トレーニングの効果とその方法
ボルダリングは身体を引き上げる動きが多々あります。その動きをたすけるㇳレーニングの一つとして「懸垂」があります。本記事ではこの「懸垂」に焦点を当てて、懸垂の効果とその方法をご紹介していきます。グレードを上げたいクライマーさんに、伸び悩んでいるクライマーさんにおくるトレーニング方法です。

 

・ビーストメーカー

日本でもおなじみビーストメーカー

最強の保持力を手に入れたければこれ!

Beastmaker 2000
Beastmaker(ビーストメーカー)
¥ 17,064(2019/07/13 09:53時点)
野獣になる準備できてますか?ビーストメーカーで最強の保持力を手に入れよう
野獣製造機ビーストメーカーで最強の保持力を手に入れよう。地道なトレーニングが僕らを作り上げている。急に体は出来上がらない、来年の自分にプレゼントするつもりでトレーニングをしよう。

 

・重り

ポールクラスになると重りをつけてトレーニング。

ハードにやりたい人は重りをどうぞ。

しかし、指トレの重りは怪我のリスクも高くなるので気を付けて。

最初のうちはおススメしません!

 

その他トレーニング方法はこちら

「トレーニングページへ」

怪我をしないのが一番の近道

クライミングで強くなるには怪我をしないこと

怪我をしない身体づくりが大切です。

 

トレーニングで怪我したら元も子もないですからね(笑)

動画を見て見様見真似でトレーニングするのもいいんですが、

フォームが崩れると腰痛になったりとかしますので

気をつけながら無理のない範囲でトレーニングをしていきましょう!

 

できればパーソナルトレーナーの方についてもらってみてもらうのがベスト。

クライミング業界で有名なのはチバトレの千葉さん。

 

野口啓代選手の専属トレーナーとして活躍しながらも、

色々なジムにて一般クライマー向けにチバトレを行っているので、

タイミングが合う人はチバトレに参加してみましょう!

 

ちなみに千葉さんの本はこちら

コメント