【湯河原幕岩でボルダリング】&「サブウェイ」2段の反省会×備忘録

ブログ

こんにちは!クライミングブロガーさとしです。

 

今回は

2019年12月11日に湯河原でボルダリングをしてきたので

その振り返りをしていきます。

 

▼動画でさくっと観たい人はこちらからどうぞ▼

「チャンネル登録」もお願いします!

外岩Vlog#003【湯河原幕岩でボルダリング】自然には勝てない!サブウェイ2段などにトライしましたよ!

スポンサーリンク

【湯河原幕岩でボルダリング】&「サブウェイ」2段の反省会×備忘録

湯河原幕岩は神奈川県にある岩場です。

 

リードとボルダーで課題がありとても楽しめます。

岩場のルールはトポやJFAのHPで確認をしてから登りにいきましょう!

 

湯河原幕岩では2月から3月ぐらいに梅まつりを行っています。

その時期ではクライマーの駐車位置などが変わるのでルールを守って登りにいきましょう!

桜岩と貝殻岩で登ったよ!

この日は桜岩と貝殻岩で登りました!

天気が良くて気持ちよかった♪

 

桜岩までのアプローチは舗装された道を進むだけの歩きやすいアプローチなのでお勧めです。

 

貝殻岩ではサブウェイ2段にトライをしました。

途中で雨が降ってきて敗退しましたが、割といい感触だったので

反省会と備忘録を兼ねて登り方を1手ずつ解説していきます。

湯河原幕岩の貝殻岩「サブウェイ」2段の反省会&備忘録

▼動画はこちらです▼

自分でムーブを探りたい人は観ないでね!湯河原幕岩ボルダー「サブウェイ」2段の登り方をまだ登れていないのに1手ずつ解説!【反省会&備忘録】

まず初手取りの足位置

・両足高め
・右足は内側に挟むようにトゥフック

初手で左手をカチに寄せて、足を踏み替え、

リップにデッド。

そこからトラバースが始まります。

 

・ヒールフックは手前じゃなく奥にかける

ヒールフック後の左手クロスと右手ポケット取りは

・左足を流しておくと身体がブレてつらかった
手を出すときに身体がブレてしまい、体幹がかなり必要に感じた。

改善案として

・左足をスメアしておく
身体が安定して手を出すことに成功

ポケットを取った後は左足ヒールに変えて、

左手の持ち方も変えて、右手をカチに出します。

右手を取って左手を出すとき、

・身体が左にあるとつらかった
身体が左にあることで右手の保持がつらく手を出しにくい、
また、ヒールも抜けそうになって進めなかった。

改善策として

・右手で身体を引き付けた
その結果
重心が右手に移り左手を出しやすくなった。
左手でホールドを取った後に効く方向に身体を預けられるようになった。

左手を取った後は右手を取る。

左手を上のカチに上げなくても右側に届くことがわかったので

そのまま右手を送る。

このリップ取りで叩いて落ちたのが最高到達地点。

 

最後のリップだしで良かった点

・左手の親指を解除してリーチを出せるようにした
・右足のスメアを高くした
改善点
・左足の位置が少し遠い気がした、次は位置を変える

ということで反省会終了!

鍛えて出直してきます!

 

まぁ、怪我無く楽しめたので良かった♪

次は絶対に登ってやるぅうう!!

 

▼使用したクライミングシューズ&チョーク▼

・SoiLL「ニューゼロ」

・東京粉末「ピュアブラック」

▼合わせて読みたいおススメ記事▼

・【瑞牆山でボルダリング】最高に楽しい一日を過ごすクライマーの日常Vlog

・外岩ボルダリングで重要な役割「スポッター」安全にスポットするための5つの方法

・【ボルダリング】ジムスタッフが伝える!6級5級を登るためにしていたこと

コメント