初めて買う人へ。失敗しないクライミングシューズの選び方

クライミングシューズ

クライミングシューズ選びは難しい!?

クライミングを始めてずっとレンタルシューズだと、レンタル代もかかるし、上達も遅れる。

 

これからも、クライミングを続けたい人には自分のクライミングシューズは必須です。

しかし、

「クライミングシューズは種類が多くてどれを選べばいいかわからない、」

「見た目がかっこいいシューズを買ったけど、足が痛すぎて履けない!」

 

なんてことありませんか?

 

そうなんです。

クライミングシューズを選ぶのってとても難しいのです!

 

何足も購入しているベテランクライマーでさえたまに自分にあっていないシューズを選んで足が痛い!となり履くのをやめてしまうこともあるぐらいです。

 

しかも、クライミングシューズは今や2万円前後の値段(;’∀’)

 

安い買い物ではないので、なるべく失敗はしたくはありませんよね?

 

失敗しないために、いくつかポイントを学んでいきましょう。

 

失敗から学ぶクライミングシューズの選び方

成功談を聞いても、その人にとっての成功なのであまり参考になりません。

 

なので、ここでは失敗から得られる情報を逆手にとって、

より良いクライミングシューズ選びをしていきましょう!

 

小さすぎるサイズを選んでしまう・・・

これが一番多い失敗です。

 

一般的にクライミングシューズはつま先がある程度曲がるぐらいの少しきつめのサイズで履きます。

なぜかというと、細かいスタンス(ホールド)に乗ったときに力を入れることができるからです。

 

指が伸びた状態だと、足の先に力を入れるのって難しいですよね?

なので、つま先が曲がるぐらいのサイズで履いて、力を壁に伝達しやすくしているわけです。

 

そして、この小さいサイズで履くということがどの程度のサイズまで小さくすればいいのか分からず失敗してしまうのですね。

 

実際ショップの人に聞いてもかなり小さいサイズを出されます。

それは各メーカーで適正のサイズ表がだされていて、その人のサイズにジャストなサイズを出しているからなのです。

 

何足も履いている人はこのジャストサイズを目安にして購入をするので、ショップの店員さんは正しいのですが、

このジャストなサイズは初めてクライミングシューズを買う人にとってはかなりキツイです!!

 

初めての購入を考えている人はこのジャストなサイズを選ばなくても良いと思います。

なので、最初!最初の1足目は

つま先がシューズの先に当たっていて痛くないぐらいのサイズ感がおすすめです。

*緩すぎはよくありませんが・・

 

きつくて痛いシューズで嫌々登るよりは、あまりストレスなく楽しくガンガン登っていくほうが上達も早くなると思います。

 

足型に合っていないシューズを選んでしまう

これが結構難しいのですが・・・

 

クライミングシューズは色々な形があります。

そして、みなさんの足も色々な形をしています。

この形がある程度あっていないと痛くて履けなくなるのですね(-.-)

 

自分の足が幅広なのか、細いのか。

甲高なのか、低いのか。

親指が一番長いのか、人差し指がながいのか。

かかとの形はどうなっているのかなどなど。

 

その人それぞれで形が違うのと同じようにシューズもそれぞれ形が違います。

 

なので、自分の足とシューズの形を良く観察してなるべく自分の形にあったシューズを選ぶことが大事です。

 

と言っても、自分の足の形はわかるけど

シューズの形ってちょっとわかりづらいのですよ。

 

ということで、ここで一番大事なポイント!

必ず、サイズの同じシューズを何種類か試し履きをしてみてください!!!

 

同じサイズで履いているのに、Aのシューズは痛くて、Bのシューズは痛くない!ってことがあります。

これは大体足の形によるものなので、痛くないシューズを選んだほうが良いです。

 

一つの種類のシューズでサイズだけ変えて試し履きをするのではなく、同じサイズで違うシューズを履いてみるってこともしてみましょう。

 

ダウントゥ、ターンインの強いシューズを選んでしまう。

ダウントゥとは、かかとからつま先までがアーチ(湾曲)を描いている、鉤爪のような形のシューズです。つま先が下がっているからダウントゥなんですね。

 

ターンインは足の内側に向かってアーチを描いている形のシューズです。

 

このシューズはつま先により力を伝達しやすくなっている構造で強傾斜などでかなりの力を発揮します。

 

見た目がかっこいいので惹かれる。

試し履きの段階ではちょっと痛いぐらい!これなら大丈夫と購入してしまい、

後々やっぱり痛くて履けない!なんてことになります。

 

私もかっこいい形に惹かれて、初めてすぐに購入し言葉の通り痛い目にあいました(笑)

 

小さめのサイズ感で履くクライミングシューズに慣れていない人は痛く感じることが多いので、

最初は靴底がフラットなタイプのシューズを選ぶのが無難だと思います。

 

まとめ

・つま先が当たって痛くないぐらいのサイズ

・同サイズで何種類かのシューズを履いて痛くないシューズ

・ダウントゥ、ターンインはとりあえず避けてみる

以上の3つのポイントを意識してクライミングシューズの購入を考えていきましょう。

 

最初は痛いシューズを無理して履かずにクライミングを楽しんでください♪

2足目、3足目になったときに、すこしきつめのサイズを選んだり、ダウントゥに挑戦していくと

良いかと思います!

 

自分に合ったクライミングシューズを選んで

より良いクライミングライフを!

 

 

クライミングシューズの種類が豊富でおススメです♪

さかいやオンラインショップ クライミングシューズ

 

 

 

コメント