ボルダリングで「GRIP ON/グリップオン」を使ってみた感想、レビュー

紹介、レビュー

こんにちは!クライミングブロガーさとしです。

 

今回はアドフリクション

「GRIOP ON/グリップオン」を使ってみたのでその感想をお伝えしていきたいと思います!

 

チョーク選びに迷っている人はぜひ見て行ってください♪

 

▼動画でサクッと観たい人はこちらからどうぞ▼

\チャンネル登録をして一緒に登ろう♪/

ボルダリングで【GRIP ON/グリップオン】を使ってみた感想

早速使ってみたい人はこちら

スポンサーリンク

ボルダリングで「GRIP ON/グリップオン」を使ってみた感想、レビュー

グリップオンは単体としてもチョーク下地としても使えるペーストタイプのチョークです。

 

内容量は80mlの小さめのタイプと150mlの大き目のタイプの2種類があります!

まずお試しで使ってみたい人は小さめの80mlタイプがおススメです♪

グリップオンを実際に使ってみた感想、レビュー

まず、グリップオンは単体でも使えるのでチョークバッグが必要ないです!

なので色々なジムに遠征に行く人や、ボルダリングを始めたばかりでチョークバッグを持っていない人にもおススメできます♪

 

ぬめり手の僕が実際に使っていきますよぉ♪

ペーストタイプなのでチョークの飛散がなく、手によく伸び馴染みがとても良いです♪

液体タイプとはまた違って手に馴染んでいくのが良く分かります(*’▽’)

 

チョーク下地として使うアドフリクションはクレイタイプで手に塗り込んでいく感じでしたが、

このグリップオンは手に広げていくだけで手に馴染んでいきます!

 

手を乾かすと真っ白になっていきます!

手に付けた感じとしては、少しサラッとしつつもグッグッとしたフリクションを感じます!

マツヤニや研磨剤は使われていないので、手にも自然にも優しいです♪

 

グリップオン単体使用で実際に登ってみました!

アドフリクションは指先に塗り込んでいたので、カチや指先で持つようなピンチホールドに効く感じがしましたが、

このグリップオンは手のひら全体に馴染ませることが出来るので、スローパーなどの大きなホールドにしっかりとグリップ力を感じます!

 

また、僕はぬめり手で液体チョークをつけると液体独特のヌメッと感が登っていると出てきてしまうのですが、このグリップオンはそのペーストタイプのおかげかそのヌメッと感がなくてとても良かったです♪

 

ただ、単体使用の特徴としては冬場などの乾燥したコンディションなどで効果を発揮するとのことでしたので、ぬめり手の僕は一回登ったらチョークが落ちてしまいました。

乾燥手の人は単体使用でも問題ないかと思います♪

 

そして、このグリップオンのすごいところはチョーク下地としても使えることです。

チョーク下地として使うと手汗の多い人や湿度の高いコンディションに良いとのことです♪
 
というわけで、ぬめり手の僕はチョーク下地として使ってみましたよ!
手にグリップオンを塗ってから普段通りにチョークアップ!

そして、また登ってみました!

正直、フリクションについてはよくわからなかったですが、

普段のチョークのみよりはフリップ力がある感じはします!

 

ただ、それ以上に驚いたのが

チョークの持ちです!

 

一度登ってのチョークが全然落ちていなかった!

手汗も抑えられている感じがすごいするし、チョークの持ちがいい!

 

リードクライミングや手数の多いボルダー課題にはめちゃくちゃいいんじゃないかなと思います!

ぬめり手の人にもいい感じですなぁ♪

 

グリップオンはアドフリクション同様、ほのかに甘い香りがします。

匂いに関しては好みが凄いあると思うので、ニオイ付きが苦手な人にはおススメできないかなぁと思います。

まとめ

というわけでグリップオンを実際に使って登ってみました!

僕が感じたこととしては

・色々なジムに遠征に行く人
・ボルダリングを始めたばかりの人
・液体のぬめっと感が苦手な人
・手数の多いボルダーやリード課題を落としたい人
・スローパーが苦手な人
におススメのチョークでした!
 
 
乾燥手の人は単体使用で、ぬめり手の人はチョーク下地として使うことをおススメします!
まずお試しで使ってみたい人は80mlのコンパクトなタイプもありますので
ぜひ使ってみて下さい♪

 

【アドフリクションの公式HPはこちら】

 

 

▼合わせて読みたいおススメ記事3選▼

【ボルダリング】で使うクライミングチョークの種類や特徴まとめ

PD9液体チョークの紹介と使ってみた感想、レビュー

【ボルダリング】カチ持ちが苦手な人へ!僕が行った苦手克服方法

コメント