ボルダリングに重要な引きつけ力のトレーニング方法

トレーニング

ボルダリングに重要な引きつけ力のトレーニング方法

ボルダリングにおいて引きつけ力って大事なの?という疑問は

以前の記事で紹介しました。

ボルダリングには引きつけ力が重要?
ボルダリングにおいて引きつけ力は大事なの?っていうお話です。トレーニングをする前に理解をしておくといいですね♪

ということで大事さがわかったところで

トレーニング方法のご紹介です


と言ってもシンプルなものしかありません!

懸垂

引きつけ力をつけたい場合はドシンプルに

「懸垂」をしましょう。


そして

出来るのであれば指懸垂がおススメ♪

キャンパシングボードやビーストメーカー

ロックリングスなど指しか掛からないものでやるのがいいですね。


もちろん鉄棒などでもいいのですが

指懸垂の方がクライミングの登りに近いので

出来る環境があれば指懸垂がいいですね♪

注意点

指懸垂をするときの注意点としては

「カチ持ち」でしないことです。


カチ持ちは指への負荷が高く

怪我をしやすいです。

必ず次の写真の様にオープンハンドで懸垂をしましょう。

トレーニング方法

回数とセット数

回数とセット数は目的別に変えていきましょう。

 

・筋力UP

筋肉をあまり大きくさせずに、最大限の筋力を出せる様にする

1~5回 2~6セット インターバル2~3分


・筋肥大

筋肉を大きくするボディメイク

8~12回 2~3セット インターバル1分~1分半


・持久力UP

15回以上 5セット程度 インターバル1分以内

持ち手の幅

色々な幅や高さで行うと

効いてくる箇所も変わってくるので

色々試してみましょう♪

 

一例を写真でご紹介しますね。

・ストレート

・ワイド

・アップダウン

壁を登っているときは均等な幅で登ることはないので

色々な幅で鍛えるほうが実践的と言えるでしょう。

まとめ

・指懸垂で行う

・カチ持ちはしない

・目的に合わせたセット数や幅で行う

とこんな感じですね。


ボルダリングはパワーがすべてじゃないけど
自分の武器があるって強い!




指トレ大全というまとめ記事もありますので

気が向いたらそちらもどうぞ♪

https://climbingup2.net/borukitaerutoredaizennsyuu/

記事内で紹介したトレーニング器具はこちら

ビーストメーカー

Beastmaker 2000
Beastmaker(ビーストメーカー)
¥ 29,800(2019/04/14 08:15時点)

ロックリングス



ぶら下がり健康器があるとロックリングスも取り付けられますね♪

トレーニングのお供プロテイン

【Myprotein】 は豊富な種類のプロテインがあるので

自分に合った最高の一つを探すことが出来ます♪

 

コメント