シューズが欲しい!【初めてのクライミングシューズの選び方】種類とその特徴もご紹介

ブログ

こんにちは!クライミングブロガーさとしです。

 

今日はクライミングシューズについて

一足目、初めてのクライミングシューズの購入を考えている人へ

・どんなシューズがあるの?
・違いはどんな感じ?
・シューズの選び方は?
という悩みを解決していきます。
 
 
ジムスタッフとして5年間働いてきた経験をもとに解説していきます。

動画版はこちらです。「チャンネル登録」もお願いします♪

【初めてのクライミングシューズの選び方】種類やその特徴も紹介

スポンサーリンク

シューズが欲しい!【初めてのクライミングシューズの選び方】

クライミングを始めて最初のうちはレンタルシューズで登りますが、

ハマってくるとやっぱりマイシューズが欲しくなる!

 

でも、クライミングシューズってどんなのがあるのか分からないし

選び方も分からない・・・

 

今回はクライミングシューズの種類やその特徴をご紹介し、

最初の一足目の選び方も合わせて解説していきます。

クライミングシューズの種類とその特徴

シューズを履くときの3タイプ

クライミングシューズは大きくわけて3つの種類があります。

その種類と特徴をみていきましょう。

紐で締め上げる「レースアップタイプ」

紐で結ぶ「レースアップタイプ」

 

つま先から足首にかけてレースアップで締め上げることができるので、

かなりのフィット感を得ることができます。

 

サイズが少し大きくなっても、きつく結べばフィット感が得られるので一足目にもおススメです。

ただ、脱ぎ履きのたびに紐を結ぶのがめんどくさいという面もあります。

 

また、トゥフックをかけたときに紐のせいて効きにくいというデメリットも。

脱ぎ履き楽々「ベルクロタイプ」

べりべりっと剥がして履くことが出来る「ベルクロタイプ」

 

レースアップと比べて履きやすいが、フィット感はレースアップに劣る面があります。

脱ぎ履きが楽なのでストレスはないです。

 

ベルクロタイプもレースアップ同様、最初の一足目におススメです。

 

また、ベルクロは

「1本ベルクロ」、「2本ベルクロ」、「3本ベルクロ」とベルクロの本数はシューズによって違います。

本数が多ければ多いほどフィット感は得やすいです。

なにもない!「スリッパタイプ」

紐やベルクロがついていない「スリッパタイプ」

 

履きづらい反面、足の形が合えばかなりのフィット感を得ることができます。

しかし、サイズ選びが難しいため最初の一足めにはおススメしません。

2種類のソールの形

靴底であるソールの形にも違いがあります。

初心者におススメ「フラットタイプ」

ソールが平面の「フラットタイプ」

 

一般的な形でとても履きやすいです。

初心者の人にはかなりおススメ♪

中上級者向け?「ダウントゥ」

かぎ爪状につま先が下がっている「ダウントゥタイプ」

 

形が独特なので足入れが悪くなれていないと足が痛くなることが多いです。

しかし、ルーフなど傾斜のある壁ではつま先からかき込むことができ、

つま先に力を効率よく伝達させることができるので、強傾斜を登るときにおススメ。

 

垂壁は少し苦手なシューズです。

 

また、つま先が親指に集まるように成形されている形を「ターンイン」と言います。

 

「フラットタイプ」と「ダウントゥタイプ」を比べてみるとこんな感じ

最初の一足!初めてのクライミングシューズの選び方

「レースアップ」or「ベルクロ」&「フラット」なクライミングシューズ

上記で紹介したとおり

最初の一足目は

「レースアップタイプ」か「ベルクロタイプ」で

「フラット」な形のシューズがおススめです。

 

クライミングシューズは履いていると足に馴染んできて少し大きくなります。

「レースアップタイプ」「ベルクロタイプ」は少しゆるくなっても

調節が効くのでおススメです。

 

また、「ダウントゥ」よりも「フラット」な形の方が履きやすいので

「フラットタイプ」がおススメです♪

きつ過ぎずゆるすぎないサイズ感

クライミングシューズはきついサイズを履くのが一般的です。

しかし、最初からきついサイズを履いてしまうと痛くて登れません。

 

痛いとツラいし楽しくなくなっちゃうので、きつすぎるサイズは辞めておきましょう。

 

目安はつま先が当たって痛くないぐらいのサイズ感です。

 

また、同じメーカーのシューズでも形が全然ちがうため同じサイズを履いても

痛く感じるシューズがあったり、全然いたくないシューズもあったりします。

 

同じサイズを履いて痛くないシューズの方が自分の足の形に合っていることが多いです。

一つの目安として考えておきましょう。

いろいろ履いて試してみよう

自分の足の形とシューズの形が一発で合えばいいんですが、

なかなかそう上手くもいきません。

 

自分の足に合うシューズを見つけるのはなかなか難しいですからね。

また、最初はなにが自分に合っているかも分からないので、

とにかく色々履いてみましょう。

 

メーカーによっても全然ちがうし、

同じメーカーでもシューズが変わればまったく別物になります。

 

色々はいてみて自分に合いそうなシューズを選んでいきましょう。

見た目で選んでもいい

色々あって難しい!ってなったら

見た目で選んでもOKです♪

 

自分の好きな色やデザインの方がモチベーションもあがりますからね(*’▽’)

ただ、ポイントとしては

履いて痛くないシューズにしましょうね!!

まとめ

初めての一足目は

つま先が当たって痛くないサイズ感で

「レースアップ」or「ベルクロ」の「フラット」なシューズがおススメ!!

 

色々試してみて自分にあったシューズを探してみましょう!

ショップに行けば店員さんが色々おしえてくれますよ♪

 

合わせて読みたい記事「ボルダリング初心者が覚えておきたい【足の踏み替え】2つの方法とそのコツ」

合わせて読みたい記事「ボルダリング漫画【フリクションガール】が面白い!読んでみた感想、レビュー」

 

コメント