ボルダリングの前のたった3分の動的ストレッチでパフォーマンス向上!

怪我&ケア

みなさん

登る前のウォーミングアップはしっかりやっていますか?

 

ウォーミングアップをせずに登っていると

なかなか色々な問題がでてきちゃうかもしれないですぜよってなもんで

 

で、そんなウォーミングアップには動的ストレッチがおススメですよってのが今回のお話です。

 

動的ストレッチってなに?

ストレッチには

動的ストレッチ(ダイナミックストレッチとも言います)と

静的ストレッチ

の2種類に分かれています。

 

静的ストレッチはよくあるストレッチで

座って足の裏を伸ばしたりなど

筋を一方向にじっくり伸ばすストレッチのことです。

 

で、今回ご紹介する動的ストレッチとは

身体をしっかりと動かして行うストレッチのこと。

 

身体を動かして多方向に伸ばしてあげるのですな

 

定番なのがラジオ体操。

じつはラジオ体操ってすごいんですよ!

で、とりあえずラジオ体操のすごさは置いておいて

 

じゃ、動的ストレッチと静的ストレッチの2種類があるのは分かったけど

どんな効果が得られるのかっていうのをご紹介していこうかと。

 

ストレッチの目的や効果

そもそもこの2種類のストレッチは目的が違います。

 

動的ストレッチ

・筋肉を温めたり、収縮・伸張を繰り返すことでの動的な柔軟性向上

・怪我の予防やパフォーマンスの向上

・結構ハードです

・運動前に行うのがおススメ

 

静的ストレッチ

・可動域の向上

・リラックス効果や疲労回復

・負荷は少ないですな

・運動後やお風呂上がりがおススメ

 

どちらかのストレッチが良くて、どちらかが悪いというわけではなく

目的や効果を認識して

タイミングを見計らってストレッチをしましょうねっていうお話であります。

 

動的ストレッチは身体をしっかり動かすので寝る前にはおススメしないです(笑)

寝れなくなっちゃいますからな。

 

運動前にしっかり行って身体を起こしてあげるイメージでありますな。

 

ストレッチによって腰痛や反り腰改善できたりもするのでなかなかあなどれないでごじゃりますよ。

ボルダリングでの腰痛の原因と予防法。腰が痛たい時に読む記事
ボルダリングで腰を痛めたあなたへ、原因と予防法を知ることで次に活かしていきます。ボルダリングは全身が鍛えらるので腰痛を解消することもできますが、ポイントを抑えないと逆に腰痛の原因にもなっていきます。しっかりとポイントを抑えより良いクライミングライフを送っていきましょう!
女性クライマーは要注意⁉女性に多い反り腰
女性に多い反り腰。反り腰だと腰痛の原因になってしまいます。そして、クライマー。クライマーもケアを怠ると腰痛になってしまいます。よって、女性クライマーは腰痛に要注意!!ってことで、本記事では反り腰についてのお話です。

 

ウォーミングアップの必要性

で、運動前や一日の始まりには

動的ストレッチがおススメであります。

 

ウォーミングアップで身体を温める

筋肉を温めることでパフォーマンスを上げていけるのですな

 

逆にウォーミングアップをしないで急に高負荷な課題を登り始めると

筋肉が冷えている状態で急に刺激が加えられるので

怪我のリスクが高くなります。

 

なので

しっかりとウォーミングアップをしましょうっていうお話なのです。

 

ウォーミングアップの方法

みなさん

ウォーミングアップってどんな風に行っていますか?

 

自分は今まで結構雑なウォーミングアップを行っていました。

 

とりあえず強傾斜のガバホールドを使って適当に登って

ウォーミングアップをしていました。

 

人によっては90°やスラブの易しい課題から登り始める人もいたり

静的ストレッチをとりあえずやる人もいたりします。

 

 

で、それらのウォーミングアップが悪いよって話ではなくて

しっかりと筋肉を温めて柔軟性をあげるんだったら

 

最初に上げた

ラジオ体操

をおススメしたいなという。

 

実はすごいラジオ体操

実はラジオ体操ってすごいんすよ

 

小学生の頃は夏休みに公園にあつまって

みんなでラジオ体操してスタンプもらったりとかしましたよね?

今の小学生はしないのかな??

 

分からないけど(笑)

 

とにかく、あのラジオ体操って実はすごいのであります。

 

ラジオ体操の効果

ラジオ体操第1は

軽い負荷の運動から始まって

徐々に負荷が強くなって

最後にまた軽い負荷に戻ります。

 

で、このラジオ体操第1ってのは

13種類の運動を行っていて

さらには、400種類以上の全身の筋肉を動かしているんだそう。

 

すごいですな!!

 

全身の筋肉を動かし温めるウォーミングアップで

クライミングのあらゆる動きに対応でき

怪我のリスクを減らしパフォーマンスを向上させることができるんですな。

 

もちろん、クライミング以外のスポーツのウォーミングアップにもおススメです。

 

ラジオ体操をやってみよう!

動画に合わせてラジオ体操を実際にやってみましょう!

 

ポイントは超まじめにやってください。

だらだらとやっても意味ないですからね!

きびきびとやるとかなりハードですよぉ(笑)

ラジオ体操第一・実演

いかがですか?

 

思った以上にハードじゃありませんでしたか?

 

そうなんです

結構疲れるんですよね(笑)

 

でも、体操が終わると身体はすっきりするし

身体も思うように動きます。

 

実際に登る前にラジオ体操してから登ると

全然違います。

 

身体が軽く感じますよ。

 

たった3分でできてお手軽だし

筋肉も温まって怪我のリスクも減らせるし

パフォーマンスも上がっていく

 

トレーニングの質もあがるし

 

外岩の寒いときのウォーミングアップにもかなり良いでしょうね♪

 

ちなみにラジオ体操第2はもっとハードです(笑)

試してみたい方はどうぞ

ラジオ体操第二・実演

 

まとめ

運動前には動的ストレッチが良い

筋肉を温め柔軟性をあげることで

怪我のリスクを減らして

パフォーマンスを上げる

 

誰でもできる

たった3分の

ラジオ体操が超おススメ!!

 

ただ、だらだらとやっても効果はないので

超まじめにやってくださいね(笑)

 

というお話でありました!

 

ぜひご活用くださいまし。

 

静的ストレッチのお話はこちらから

ボルダリングの終わりには静的ストレッチでケアを!
登った後の身体をストレッチをしてケアをしていきましょうっていうお話です。ストレッチをすることで疲労や筋肉痛をやわらげたり、可動域を広げたり、腰痛が改善されたりといいこと尽くしです。ぜひご活用くださいまし。

 

怪我に悩むあなたへ

ボルダリング 指関節が痛いときに読む記事
指が痛い!怪我をした!クライマーの多くが抱える悩み。登っているとどうしても怪我は付き物です。怪我に落ち込み、治し方も分からなくなります。本記事では怪我の原因や治療法から予防までそしてメンタルの維持の方法までご紹介していきます。ぜひご活用くださいませ。
ボルダリングでの筋肉痛を和らげる!誰でもできるたった3つの方法
ボルダリングで登った後って筋肉痛になりませんか?そして、この筋肉痛できれば早く治したい。痛みを和らげたい。解消したい。と思っている方も多いはず。そんな人に誰でも簡単にできて、なおかつつらい筋肉痛を和らげるたった3つの方法をご紹介していきます。初めて登った人のほとんどは筋肉痛になるのでぜひご活用くださいませ。

 

 

コメント