最高の体調

本・映画・ドラマ

クライミングをしていくうえで身体のコンディションて

ものすごい大切だなと日々思っておりまして。

 

調子がいい日もあれば、悪い日もある。

調子の悪い日にクライミングをしても、

結果はでづらいしトレーニングの効果も

薄いのでは??と思うのです。

 

なので、身体の調子を整えたいなぁと

 

そこで、出会ったこの本

 

「最高の体調」


現代に生きる私たちは現代ならではの身体の不調があります。

良く分からない漠然とした不安やストレス、コントロールできない怒り、

どれだけ寝ても抜けない疲労・・・・

 

これらを改善してより良い生活を取り戻していきたいと!

っていう感じのとても内容の濃いすばらしい本です。

 

私は普段、とくに本を読まない人間なのですが、

この本、めちゃくちゃ読みやすい!!面白い!!

ぐぅわぁああああっと読み切ってしまいました!

 

そして、また読みたくなるほどの濃密な内容♪

 

著者は鈴木祐さんという方で、

この方のパレオな男というブログも非常に面白いです。

 

国内外の論文を大量に読んでいるそうで、

色々な問題を取り上げ科学的にどうなの??ってところを

幅広い内容で書かれております。

 

とても勉強になり読みやすいのでブログもおススメです♪

 

でで、このClimbingUPではクライミングを取り扱うブログなので、

最高の体調」を読んだうえでクライミングに活かしていこうと思う次第でございます♪

 

身体の不調はデメリットだらけ!

そもそもなんで現代人はこんなにも疲れていて不調なのかってとこなのですが・・・

それは本を読んでいただくとして、

 

不調によるクライマーの影響ってどうなの??ってところを考えたいと思います。

 

まずは、モチベーションが下がります!

仕事終わりの疲れた状態で登りに行くのは腰が重く、

また、登りにいっても不調の状態だと思い通りには登れません。

 

登れないとクライミングも楽しくなくなり、少しづつクライミングから遠のいていくという悪循環に陥ります。

 

また、怪我のリスクも高くなります。

不調な状態だと不注意の事故が増えてきますからね。

 

んで、こりゃまずいよねってことでこの最高の体調という本が活躍するわけですね。

 

本書では、現代で生きるうえでのヒントや考え方を提示してくれております。

大変参考になります!

外岩はストレス解消に効果あり!!

自然はストレスを解消する効果があるそうでして、

しかも面白いことにそれは偽物の自然でも良いと!

 

自然の写真や音だけでも、ストレスが減るということがわかっているそうです。

 

これはこれは♪

私たちクライマーにとってはかなりの朗報(*’▽’)

 

外岩に行けば行くほどストレスが解消されるってことですな!!(笑)

しかも、偽物でもいいってことは外岩の動画をみるだけでも、多少の効果はあるはず!

確かに外岩に行くとすっきりとした感覚になりますもんね♪

 

ジムで登りつつも、外岩も登りに行くってのがストレス的にも良い感じ(‘◇’)ゞ

 

外岩に行って自然と触れ合い、お目当ての課題を登れたらもう最高ですね!

 

怪我に気をつければ、とても良いスポーツなのだなと再認識しました!

 

とにかくおススメ♪

ホントはもっと色々書きたいのですが、

あまり内容にふれてしまうと本の意味がなくなってしまうので

そして、本を読んだほうが理解も深まりますので皆さまぜひ。

 

身体に良い食べ物についてなども書いてあり

クライマーとしては、自分の身体を食事から改善し腸内環境を良くして、より良い体調を作るのがベストかなと。

競技者にも一般の人にも誰もが取り組めるような内容なのでおススメですよぉ。

 

この本を読んで直接的にクライミングの知識が深まるとかではないですが、

「最高の体調」を手に入れることで、

最高な状態でクライミングに取り組むことができるのではないかと思います。

 

本の詳しい内容はぜひ購入していただいて、熟読してもらえれば幸いです♪

 

本は聴く時代!!

耳を使えばもっと自由になれる。

手も目も使わず本を聴く。

ダウンロードすれば好きな場所、好きな時間で

新感覚の読書体験

 

最初の一冊は無料!

抑揚のない機会の読み上げとは違うので耳にすんなりと入ってきます。

 

おススメですよ♪

Amazonのサービス 「audible」本は聴く時代
本は聴く時代。Amazonのサービス「audible」がとても良いのでご紹介。機械の読み上げではなくプロのナレーターさんや俳優さん声優さんが読み聞かせをしてくれます。普段本を読まない人にもかなりおすすめです。ぜひご活用くださいませ。

 


コメント