用語を覚えて上達!ボルダリング初心者が覚えたいホールドの名前や持ち方

トレーニング

用語を覚えて上達!ボルダリング初心者が覚えたいホールドの名前や持ち方

どうも!ジムスタッフ歴5年のさとしです!

今回はボルダリングを始めたばかりの人へ向けた記事となっています。

 

さとし
さとし

5分で読めるからサクッと読んで行ってね♪

壁や岩を登るときに手で掴んだり、足を乗っけたりする突起物の事を、

「ホールド」といいます。

 

そして、このホールドには名前がついておりまして、

周りの人から登り方を教わっていても

ホールドの名前がわからないと理解が深まりません。

 

「右にカチがあるよ!!」とか「スローパー抑えて!!」とか言われても、

なにそれ!?!?ってなりますからね(‘ω’)ノ

 

名前を覚えて理解が深まるとどんどん楽しくなりますよぉ♪

 

ホールドの名前をしっかりと覚えてクライミングを楽しんでいきましょう!

ホールドの名称をご紹介

ジャグ(ガバ)

初めての人が一番最初に触るこのホールド。

最も持ちやすく安定したホールドですね。

 

手全体でしっかり持ち、バランスを取ることがポイントです!

中級者ほどになると、強傾斜でもこのホールドで腕を休ませることができます。

 

ガバと言われることが多いので「ガバホールド」で覚えてもらって大丈夫♪

ガバっと持てるのでガバホールド(‘ω’)ノ

カチ

指先を引っ掛けるように持つ

「カチホールド」

 

指先しか引っかからないので最初はかなり厳しく感じます。

 

4本指を揃えて、さらに親指を人差し指の上に乗せて握りこむ持ち方を

「アーケ」、「クリンプ」、「カチ持ち」といいます。

「カチ持ち」が一般的かな?

かなり力が入り安定する一方、指への負荷もでかく

怪我のしやすい持ち方になります。

 

どんなホールドでもカチ持ちをし、

カチ持ちを愛するクライマーのことを「カチラー」といいます(笑)

 

また、

4本指を揃えて持ち、親指をホールドの横に添える持ち方を

「セミアーケ」、「ハーフクリンプ」といいます。

 

そして、

指を立てず第一関節で曲がるようにして、指を伸ばして持つ持ち方を

「オープンハンド」、「タンデュ」といいます。

 

指を引っ掛けるようにして持つことがポイントです。

 

指を伸ばして持つため怪我のリスクも抑えられますので、

限界ギリギリの課題でない場合は「オープンハンド」で持ったほうが良いでしょう。

スローパー

丸い大きなホールドを「スローパー」といいます。

 

スローパーは手のひら全体で押さえつけるように持つのがポイントです。

また、重心が上にあがると持ちづらくなるので、

しっかりと重心を下げて持つと持ちやすくなります♪

ピンチ

親指で挟み込むようにして持つ

「ピンチホールド」

 

ピンチの幅によって持ちづらさが変わってきます。

人差し指、小指、親指の3点でしっかり挟み込むことがポイントです!

ポケットホールド

1本指~3本指でもつ輪っか状になっている

「ポケットホールド」

 

指の本数が少なくなるので、おのずと怪我のリスクが高まります。

 

ホールドに入れていない指を握りこむと力が入り持ちやすくなります。

2本の指しか入らない幅のポケットホールドで、

人差し指と薬指を並べ中指をその上に乗せる「俵持ち」という持ち方もあります。

 

 

いずれにせよ指への負荷が大きいので、ご注意ください!

番外編

ホールドの向きにも呼び方があります!

 

下から上に引くホールドを

「アンダー」

アンダーホールドの攻略はこちらから

[ボルダリング] アンダーホールドを攻略!初心者の上達への道のり
ボルダリングのアンダーホールドを攻略していく記事です。ホールドは向きによって名前も持ちやすさも変わっていきます。アンダーホールドへの理解を深めてどんどん登れるようにしていきましょう!

 

身体の外側から内側に引くホールドを

「サイド」

 

身体の内側から外側に引くホールドを

「ガストン」

 

また、一つのホールドを両手で持つことを

「マッチ」といいます!

 

番外編の言葉も多々でてきますので、覚えておきましょう♪

最後に

如何だったでしょうか?

 

色々な用語がわかることで、また一段とクライミングが楽しくなってくるとおもいます♪

知らなかった言葉は覚えて自分のものにしちゃいましょう!

 

ブログ「クライミングアップ」では

「初心者が最初に覚えたいムーブ5選」

「ホールドの乗り方」などもご紹介しています♪

ぜひぜひ覗いてみてください(*’▽’)

コメント