ボルダリングでつく筋肉を知り、理想の体型を手に入れよう!

ボルダリング

みなさん、理想の体型ってどんな感じですか?

 

細マッチョ、ゴリマッチョ、普通、ぽっちゃり、細見、スレンダー、

色々あるかと思います。

 

そして、理想の体型を手に入れるのって難しいですよね。

理想の体型を手に入れる方法ってなにがあるんだろう?

 

そんななかで、私がおすすめするのは

 

ボルダリング!!

 

そう、最近はやりのボルダリングです。

 

ボルダリングでつく筋肉を理解して、理想の体型を手に入れていきましょう!ってのが今回のお話。

 

前回の記事では、ボルダリングってダイエットにいいの?という疑問を解消しました。

ボルダリングのダイエット効果を徹底検証!
ボルダリングってダイエットにいいの?痩せるの?という疑問を解消するために、ボルダリングの消費カロリーやメリットデメリット、私自身の体験談を交えてご紹介していきます。はたして、ボルダリングはダイエットに良いのか!?さっそく見ていきましょう。

 

今回はボルダリングで身体が鍛えられて引き締まるのは分かったけど、

どこに筋肉がついて、どんな体型に近づいていくのかをご紹介していきます。

 

では、ボルダリングはどのような筋肉がついていくのか見ていきましょう!

 

スポーツによってつく筋肉は違う

どのスポーツでも全身の筋肉はある程度鍛えられます。

 

プロのアスリートをみると全身引き締まっていますよね?

しかし、スポーツによってつきやすい筋肉は違います。

 

たとえば、100m走や幅跳びなどの陸上競技やサッカーなどは

下半身に筋肉が付きやすいです。

もちろん、下半身だけでなく全身鍛えられますが、目立つ部分は下半身というお話です。

 

重量挙げの選手は太い腕、太い腰、太い足が目立ちます。

これは、最大筋力を極限まであげていくことで筋肥大もおこり太くなっていくのですな。

 

マラソンの選手は筋肉もりもり!って感じでなくすらっとした人が多いです。

これは、筋持久力が必要なスポーツなので筋肥大させて重くする必要がないからですね。

 

このようにスポーツによってつきやすい筋肉って変わってきます。

 

では、ボルダリングはどうなのでしょうか?

 

ボルダリングでつく筋肉

ボルダリングは壁を登る競技です。

 

壁を登っていくなかでどんな筋肉がついていくのでしょう?

 

前腕

ボルダリングは壁についている突起物(ホールド)を掴み登っていきます。

 

その、ホールドを掴む力が必要となってくるので前腕にある程度筋肉がついていきます。

広背筋

ボルダリングでは登るなかで身体を引き付ける動作が多々でてきます。

 

そうすることで、広背筋に効き筋肉がついていきます。

 

広背筋が鍛えられると、逆三角形のような背中ができあがります。

姿勢もよくなり、基礎代謝もあがります。

 

男性の方はスーツを着た時にピシッとなりかっこよくなります♪

女性の方は基礎代謝があがることで太りづらい身体になるのとくびれが協調されるなんてメリットも♪

 

どちらにせよ、後ろ姿が美しくなります。

 

三角筋

三角筋は肩回りの筋肉です。

三角筋が鍛えられることで、肩関節を守る役割ができたり、肩こりを解消するなんて働きも♪

 

大胸筋

ボルダリングではホールドを抱えこむ動きが出てくるので、大胸筋も鍛えられます。

男性は盛り上がった厚い胸板が手に入ります。

女性はバストアップの効果が。

 

腹筋

ボルダリングでは腹筋も使います。

とくに強傾斜の壁を登るときに使うことが多いです。

 

腹筋がつくと

男性は腹筋が割れて引き締まり、

女性はくびれができていきます。

 

ぽっこりお腹に悩んでいる方にもボルダリングはおススメです♪

 

上半身の筋肉が主についてくる

このように、ボルダリングでは上半身の筋肉がついていきます。

 

ボルダリングも身体が軽いほうが登りやすいので、筋肥大しすぎることなく

引き締まった筋肉がついてくるのですね。

 

美しい背中やお腹周り、

男らしい腕や胸板、逆三角形の背中を手に入れたい人は

ぜひボルダリングを!

 

世界のボルダー選手の体型を見てみましょう!

ボルダリング競技の選手の身体はどんな体型なのかを見ていきます。

 

ボルダリングを始めると次に紹介する選手たちのような体型に近づいていきます。

 

今年に行われたボルダリングの世界大会のハイライトです♪

まずは男子

IFSC Climbing World Championships – Innsbruck 2018 – Highlights Day 10

次に女子です。

IFSC Climbing World Championships – Innsbruck 2018 – Highlights Day 9

いかがでしょうか

 

どの選手もごりごりのマッチョな筋肉っていうよりも

すらっとしたなかで引き締まった筋肉がついているのが分かるかと思います。

 

みなさん、こんな体型になりたくありませんか?

 

憧れたかたはぜひボルダリングを始めてみましょう!

 

2,3か月もしたら自分の体の変化に気づけると思います!

 

ボルダリングで理想の体型を手に入れる

鍛えられた身体が理想な人が、その身体を手に入れるときの一番の問題は挫折。

 

ダイエットや筋トレが楽しくなくてなかなか続かないことがあります。

 

そんななかで、ボルダリングは理想の体型を手に入れる方法としては楽な部類だと思います。

なぜなら、

 

ボルダリングは楽しい!!!

 

無理な食事制限やハードな筋トレをしなくても、

登っているだけで、身体は鍛えられます。

 

しかも、誰でもできるのも魅力の一つ

ボルダリングは自分に合ったコースを登るので無理なく続けられます。

 

そして、手軽に始められる。

ボルダリングで必要なものはクライミングシューズと滑り止めのチョーク、

動きやすい服装だけです!

 

ボルダリングは無理なく楽しく続けられる最強のスポーツです!!

 

出来れば週2から3ほど登りにいけるとかなり鍛えられた身体になります。

週1でもちゃんと続ければ身体の変化に気が付けるかと思います。

 

まとめ

ボルダリングでつく筋肉は主に上半身

ゴリマッチョではなく細マッチョ

後ろ姿が綺麗になる!

 

ボルダリングで得られる体型が理想だった人は

ぜひボルダリングを始めてみてください♪

 

理想の体型を手に入れるときに現れる筋肉痛

そんな筋肉痛の悩みを解消

ボルダリングでの筋肉痛を和らげる!誰でもできるたった3つの方法
ボルダリングで登った後って筋肉痛になりませんか?そして、この筋肉痛できれば早く治したい。痛みを和らげたい。解消したい。と思っている方も多いはず。そんな人に誰でも簡単にできて、なおかつつらい筋肉痛を和らげるたった3つの方法をご紹介していきます。初めて登った人のほとんどは筋肉痛になるのでぜひご活用くださいませ。

 

ボルダリングの始め方はこちらからどうぞ

不安解消!クライミング・ボルダリングの始め方
初めての方にクライミング、ボルダリングを始めるときの流れをご紹介。 ジムの特徴や必要なものがありますので要チェックです!

 



コメント