[ボルダリング検定]6つの対策方法!セッション方式を攻略していく!

トレーニング

ボルダリング検定って難しいっすよね

でも何とか受かりたい!

自分の成長を感じたい!

 

ってなわけで

個人的なボルダリング検定対策を考えましたので

ご紹介!

なお、今回は5級から3級までの方を対象に!

 

その前に「ボルダリング検定」って何ぞやって人はこちらを先にどうぞ

ボルダリング検定ってなに?
クライマーの新しい目標設定の場「ボルダリング検定」。とても素晴らしいものなのでご紹介をします!ぜひ検定を受けて頂き自分の成長、技能の上達を感じてよりクライミングを楽しんで頂ければと思います!

ボルダリング検定対策

対策なんか練れるのか?って感じですが

ありますよ!

なんせ検定にはルールがありますからな

 

今回は5級から3級までの人を対象です。

つまりセッション方式を対象としています。

 

ルールは60分で5課題!

人の登りは見て良い!

 

よし対策を練っていきますぞい!

 

一番最初にトライをする

なかなか最初にトライしたがる人はすくないですが

ここはあえてなにがなんでも一番最初に誰よりも先にトライをしましょう!

 

一番最初にトライすることで一気に緊張がふっとびます!

しかも時間的にも有利♪

 

後ろのほうでひっそりならんで緊張Maxにしていてもしょうがないっすからね。

 

とにかく、一番最初にトライ!

 

もはや一発目のトライで登れようが登れなかろうがどっちでもいいです。

登れたらラッキーぐらいで(笑)

 

緊張を取ることが最優先!

面接や大会前の「緊張」たった2つの克服方法でパフォーマンス向上!
日常で「緊張」する場面てたくさんありますよね。就職活動での面接、会社でのプレゼン、大会や試験などなど。この緊張はしすぎると頭が真っ白になったりパフォーマンスを落とす原因となります。程よい緊張感を保ちパフォーマンスをあげるための緊張の克服方法を今回はご紹介していきます。

 

人が少ない課題からトライする

人気のない課題って最後にあまりやすいです。

最後の時間がないときに長い列に並ばないといけなくなってしまうと

時間がもったいない。

 

最後に人が集まりそうな課題は先に落としておきたいところ。

 

得意課題から落とす

人によって得意不得意がありますよね

強傾斜が得意だったり、スラブが得意だったり

得意な課題を一つでも落としてしまえば

気持ち的にも楽になり力もぬけて

2個目の課題に余裕をもってトライすることができます。

 

とりあえず、得意課題から攻めるのもありですね♪

 

全体の課題をオブザベしておく

並んでいるときは自分の課題だけに集中せず

他の課題も何となく見ておきましょう。

 

スタートの位置、核心の場所、ホールドの形、

全体を把握しておくと楽になっていきます!

 

休む時間をつくる

受けている人数にもよりますが、時間があまることってのもあります。

60分って結構ありますからね*油断しているとあっという間ですが(笑)

 

合間で気持ちの整理と身体の休憩を少し入れるだけでも

全然変わってきます。

 

課題を3つ落としたら少し休憩して残り2つを攻めるなど

ある程度時間と課題に余裕があるときは休憩をはさむのいい手であります。

 

スラブ・垂壁を先に登る

スラブや垂壁はパンプしにくく、

後半の課題に影響がでにくいので

先に登ってしまうってのも有効な手ですね♪

 

僕はスラブめちゃくちゃ苦手で最初に心折れたくないので

最後に回します(笑)

 

まとめ

ボルダリング検定はむずかしいけども

ルールがあります。

 

ルールがあるってことは対策が練れます!

もちろん対策は人それぞれのやり方でいいですが

上記の対策法も一つの案として活用してみてはいかがでしょうか!

 

めざせゴールドマスター!!

 

がんばっていきますぞぉお!

 

ボルダリングでつく筋肉を知り、理想の体型を手に入れよう!
ボルダリングってどんな筋肉がつくの?どんな体型に近づけるの?って疑問を解消。ボルダリングでつく筋肉をしり、理想の体型を手に入れましょう。本記事ではボルダリングでつく筋肉や手に入れられる体型をご紹介していきます。
瑞牆「Decided」V14/5段のボルダリング動画
山梨県瑞牆山にあるボルダリング課題「Decided」V14/5段。小山田大さんと村井隆一さんが登っている動画です。
初めての外岩。何が必要?[ボルダリング編]
初めての外岩に何が必要なのか。ボルダリング編です。 しっかりと準備をして当日に失敗しないようにしましょう。必要なものから、あると便利なものまでご紹介しております。

コメント