[ボルダリング] ダイアゴナルムーブのコツを覚えて上達しよう!

トレーニング

[ボルダリング] ダイアゴナルムーブのコツを覚えて上達しよう!

ボルダリングで最初に覚えることが多いムーブ

「ダイアゴナル」

 

この、ダイアゴナル

実は結構むずかしいもので

教わってもなかなか理解しづらいし

なんとなく理解しても実際に身体は動いてくれない。

 

しかし、コツを知ることで理解を深め、

実践していくことでムーブは身についていく。

 

そして、ダイアゴナルムーブをマスターすると

登りが楽になることは間違いない!

 

本記事はダイアゴナルのムーブのコツや失敗例をあげて理解を深め、

さらに実践していただくことで

ダイアゴナルをマスターする手助けになればと思う。

 

まずはダイアゴナルムーブの動きを理解しよう。

始めたばかりの人はまず大体の人が正対登りになります。

正対登りは身体の正面を壁に向けて登るムーブ。

この正対登りはかなりパワーを使うのですぐに疲れてしまいます。

 

それに対して、ダイアゴナルムーブは壁に身体の側面を向けて

身体をねじり足で立ち上がるようにして対角線上に伸び上がるムーブです。

 

ポイントはしっかりと身体を落とし腕を伸ばします。

そして、足で立ち上がることです。

 

それでは実際に正対ムーブとダイアゴナルムーブの違いを見ていきましょう。

 

その他のムーブは「ボルダリングのムーブを上達させるコツ大全集」へどうぞ

動画で見る正対登りとダイアゴナルムーブの違い

まずは正対登りをみてみましょう!

[ボルダリング] 正対登り

身体の正面が壁に向いており、登るときに腕で身体を引き上げているのが

分かるかと思います。

 

腕で引っ張って登ると、前腕の力を使いすぎてしまい

すぐにパンプしてしまう原因となります。

 

では、次に同じ課題を

「ダイアゴナルムーブ」で登った動画を見てみましょう!

[ボルダリング] ダイアゴナルムーブ

腕を伸ばし、足で立ち上がりながら登っています。

腕を伸ばすことで、前腕だけでなく肩回りの筋肉も使っているので、

大きな筋肉が使われてパンプしづらくなってきます。

 

動画でなんとなく違いが分かったところで、

「ダイアゴナル」のポイントを

ご紹介していきます。

ダイアゴナルムーブのコツを覚えて上達!

まず、ダイアゴナルは対角線上に伸び上がるので

正対と最初のポジションが違います。

 

写真で見ていきましょう。

写真のポジションから次の一手は右上のホールドで、右手でとりに行きます。

 

正対の場合

正対の場合は右手の下には右足、左手の下には左足と

同じ側の手足の位置が一緒です。

 

これに対し

ダイアゴナルの場合

左手の下に右足、右手の対角線上に左足となっています。

取りに行く方向の膝が身体の内側に入っていることがポイントです。

この場合、次の一手が右手なので右膝が内側に入っていますね。

 

次にホールドを取った後の状態を見てみましょう。

 

正対の場合

左腕ががっつり曲がっています。

かなり力を使っている証拠です。

 

ダイアゴナルの場合

腕は伸ばしたまま、しっかりと対角線上に伸び上がっています。

つなげてみてみるとこんな感じです。

腕で引き上げずに足で伸び上がっているのがわかるかと思います。

 

足で立ち上がる感覚がとても大事です。

 

取りに行く方向の手、

この場合では

右膝を壁の内に入れて

右腰を壁に近づけるように対角線上に伸び上がる。

腕はしっかりと伸ばしておく。

 

ってのが、重要なのですな♪

 

逆の左手で取りに行く場合は

左膝を内に入れて、左腰を壁に近づけるようにして

対角線上に伸び上がっていきます。

 

足の動かしかた

取りに行くのはわかったけど、

ホールドを取ったあとの足をどう動かしていいかわからない方もいるかと。

 

取った方の手と対角線上にある足から移動させていきます。

移動させるときは、身体の外側に足を回すのではなく

内側に足を通してホールドを拾っていきましょう。

 

この時のポイントは

しっかりと最初のポジションを作れる位置に足を移動させることです。

この場合は、

右手の下に左足、左手の対角線上に右足といった感じです。

 

そして、ホールドを取った方の手をしっかりと伸ばしたまま

足を移動させることが重要です!

 

失敗から学ぶダイアゴナル

ダイアゴナルの失敗例です。

[ボルダリング] ダイアゴナル失敗例

腕を伸ばす感覚がつかめていないと、ホールドを取ったとき

腕で身体を引いてしまいます。

 

こうすると、結局腕の力を使ってしまうので

ダイアゴナルとしては失敗です。

 

失敗例の写真

腕で身体を引かずに伸ばしたまま足移動をしましょう。

 

感覚としては

ぶら下がるや

座り込む感覚が近いです。

 

しっかりと体重を落として足移動することが重要ですよ♪

まとめ

・正対とダイアゴナルは最初のポジションから違う

・腕を伸ばす。(ぶら下がる感覚や座り込む感覚)

・取りに行くほうの膝を壁の内にいれる。

・腕を伸ばしたまま、足で踏み込み立ち上がるようにして取る。

・掴んだ手の対角の足から移動させる。

・最初のポジションを作る。

 

いかがだったでしょうか。

 

最初に苦戦するダイアゴナルも

ポイントを抑えることでかなり登りやすくなっていきます。

 

そして、この記事を読んだだけでは上達はしません。

必ず実際にジムに行き登ってみましょう!

 

知識を頭に入れて実践していくと、

上達も早くなりますよぉ♪

 

その他のムーブのコツは

ボルダリングムーブを上達させるコツ大全集」でご紹介しています。

知識は力になる

合わせて読みたいクライミングの本はこちら

プロクライマーの尾川とも子さんがビギナーから上級者にむけて

テクニックを中心にコツを解説した本

誰でもはじめられる ボルダリング
尾川 とも子
¥ 1,296(2019/01/28 22:32時点)

プロフリークライマーの野口啓代選手や楢崎智亜選手の

パーソナルトレーナーとして活躍する千葉さんの本

運動脳をグングン鍛える チバトレ
千葉啓史
¥ 1,836(2019/01/26 23:16時点)

コメント