【ボルダリング】保持力を鍛えるトレーニング方法

トレーニング

こんにちは!クライミングブロガーさとしです。

今回は「保持力を鍛えるトレーニング方法」についてご紹介していきます。

保持力を鍛えたい人はぜひ読んでみてくださいませ♪

なお指に負荷のかかるトレーニングもありますので、怪我は自己責任でお願いします。

また、指を痛めている人は行わないでくださいね!

さとし
さとし

僕はこのトレーニングで地道に保持力を鍛えていきました!

▼動画でサクッと観たい人はこちら▼

\チャンネル登録をして一緒に登ろう♪/

【ボルダリング】保持力を鍛えるトレーニング方法を紹介!

スポンサーリンク

【ボルダリング】保持力を鍛えるトレーニング方法

キャンパシングボードでジャンプ!

まずおススメしたいのが

キャンパシングボーでジャンプです!
 
方法としては
キャンパシングボードでギリギリぶら下がれないホールドを探して
指をかけてジャンプするだけ!
 
ジャンプ中はなるべく力を入れてぶら下がろうとします。
 
カチ持ちは指を痛めてしまうので、オープンハンドで行いましょう!
 
こちらの記事でも紹介しているのでぜひ読んでみてくださいな♪

僕は10回を3セット行っています!

 

3か月から半年ぐらいの期間で少しずつ効果が表れてくるかと思います。

少しずつ滞空時間が伸びて、そのうちぶら下がれるようになります!

 

指は壊しやすい場所なので、時間をかけてじっくりと行いましょう!

指懸垂で保持力アップ!

余裕がある人は指懸垂も行いましょう!

保持できるホールドで指懸垂をします!

 

回数は人それぞれなので自分に合った回数を行ってください!

 

クライミングに活きるように

肩幅での懸垂、ワイドな幅での懸垂、手を上下に配置した懸垂左右の4種類の懸垂を行っていきます。

 

僕はそれぞれ10回、計40回を3セット行います。

途中で上がらなくなったらジャンプしてロックオフをして追い込んでいきます!

懸垂では保持力だけでなく、

引きつけ力や体幹も鍛えられていくのでおススメです♪

 

地味に効いてくる指立て伏せ!

次におススメなのが

壁での指立て伏せです!

 

床で行うと負荷が強すぎるので、壁でやりましょう!

足の位置で負荷を調整できるので、自分に合った場所で行いましょう!

やっぱりこれが良い!体幹トレーニング

体幹トレーニングもかなりおススメです!

 

体幹トレは直接保持力を鍛えるトレーニングではないものの、

体幹を鍛えることで身体がブレなくなり、必要最低限の保持力で登れるようになります。

 

保持力を助ける働きをしてくれるんですな♪

 

方法はこちらの記事で詳しく書いてあるので気になる人はぜひ!

まとめ

僕が実際に保持力を鍛えるために行ったトレーニングは

・キャンパシングボーででのジャンプ

・指懸垂

・壁での指立て伏せ

・体幹トレーニング

でした!

 

ぜひ参考にしてみてくださいませ♪

 

▼合わせて読みたいおススメ記事3選▼

【ボルダリング】初心者から上達するためのムーブの方法とそのコツまとめ

【ボルダリング】クライマーにもおススメサプリ!「マイプロテイン」おススメする理由とは?

【ボルダリング】ジムスタッフが伝える!4級3級を登るためにしたこと

コメント