キャンパシングトレーニングの方法

トレーニング

前回はキャンパシングで鍛えられる

接触筋力についてご紹介しました。

[ボルダリング×トレーニング]キャンパシングボードで鍛えられる接触筋力
ボルダリングのトレーニング。キャンパシングトレーニングでは接触筋力というものが鍛えられます。この接触筋力とはなにか、鍛えられるとどうなっていくかをご紹介。

 

それに引き続き

キャンパシングトレーニングの方法を今回はご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

キャンパシングトレーニングの方法

キャンパシングトレーニングの前にまずは

しっかりとウォーミングアップを行って

身体を温めておきましょう。

 

いきなりやると指を壊します。

 

また、カチ持ちでやるのもなしです。

必ずオープンハンドでやりましょうね!

 

そして、やり方は色々な方法がありますので、

どれか一つでもいいし、いくつか組み合わせてやってもいいし、

全部やってもOK。

 

自分にあったやり方を選びましょう。

 

では、キャンパシングボードトレーニングの方法をいくつかご紹介していきます。

 

ラダー

キャンパシングボードを一つずづ上がっていく方法

 

慣れてきたら1段飛ばしや2段飛ばしでやるのもOK

キャンパシングトレーニング

同じ場所から距離を変えて出すトレーニングもあります。

一段上、1段飛ばし、2段飛ばし、3段飛ばしと行けるところまで挑戦してみるのもOKです。

 

デッドの精度や瞬間的なパワーがついてきます。

キャンパシングトレーニング

 

ダブルダイノ

両手で飛ぶダブルダイノ

1段、1段とばし、2段飛ばしとやっていきます。

 

かな負り負荷の高いトレーニングなので

初めての人にはあまりおススメしません。

自分もあまりやりませんね。

キャンパシングトレーニング

 

上下に動くトレーニングだったり

ピンチホールドでのキャンパシングだったりいろいろな方法があるので

ぜひお試しください。

キャンパシングトレーニング

 

 

まとめ

キャンパシングトレーニングはとても負荷の高いトレーニングです。

必ずウォーミングアップを行ってからにしましょう。

 

カチ持ちは厳禁。

 

自分のレベルにあったトレーニングから始めていき

徐々に負荷を高めていきましょう。

 

あせりは禁物です。

すこしづつ確実にトレーニングを積んでいきましょう。

 

デッドやランジが苦手な人はぜひ取り入れてみてください。

[ボルダリング] グレードを上げたいあなたへおくるトレーニング方法
ボルダリングをする上でついて回る「グレード」。そのグレードを上げるためにはトレーニングという努力が必要となってきます。しかし、仕事で忙しくトレーニングをする時間もないよ!って人にもおススメできるトレーニングもあります。本記事では、簡単なトレーニングからハードなㇳレーニングまでご紹介していきます!
「クライミング×トレーニング」目標を達成するための考え方
みなさんの目標はなんですか?1級を登る?5.13aを登る?ダイエットに成功する?マッチョになる?それぞれ目標があると思います。今回はその目標を達成するための考え方についてご紹介していきます。ぜひご活用ください。

クライミング×ヨガ

[クライミング×ヨガ]クライミングとヨガの関連性
クライミングとヨガ。有名なクライマーもヨガを取り入れていたり、周りのクライマーがヨガを習っていたりと、クライミングをしているとヨガという言葉をよく聞きまして。なんとなく興味があるわけであります。

クロスムーブのコツ

ボルダリング×トレーニング「クロスムーブ」のコツを覚えて上達
ボルダリング初心者の人が最初に覚えたいムーブ「クロスムーブ」のコツをご紹介していきます。今までなんとなくやってたけど詳しくは知らないって人もクロスってなに?って人もぜひ参考にして頂ければ幸いであります。

 

コメント