ボルダリング 体幹トレーニングの重要性と効果

トレーニング

みなさん体幹トレーニングしていますか?

 

体幹トレって地味だし

つまんないし

効果が目に見えないし

つらいっすよね

 

でも、体幹トレって大事なんすよ

地味だけどねいい味もってるんすよね

 

ということで、

地味でつらい体幹トレをちゃんと続けるために

今一度

体幹トレの重要性や効果について語ろうかと

 

体幹トレーニングの効果

ブレない身体

ブレない身体が手に入ります。

 

このぶれない身体ってものすごいことでありまして

 

たとえばデッドでホールドを取りに行くとき

身体がブレるとデッドでホールドを掴んだ瞬間に身体がブレるので

必要以上の保持力が必要になります。

 

そして、自分の保持力以上の負荷がかかると落ちてしまいます。

 

体幹トレーニングをすることで

ブレない身体を手に入れることができます。

 

デッドでホールドを掴んだときに

ブレなければ最小限の保持力で登ることができます。

 

保持力アップと同じような効果があるわけであります。

必要な保持力を最小限にする

絶大な効果を得られるのが体幹トレーニング

 

すばらしいでっせ。

 

足が残りやすくなる

ブレない身体に近いのですが

足が残りやすくなります。

 

強傾斜の壁でフルリーチでホールドをとっても

足が残ったりします。

 

全身を棒にするような力が手に入ります。

 

足が切れたらつらい場面はたくさんでてくるので

そのときに足がきれなくなるのは嬉しいところ。

 

デッドポイントがうまくなる

ホールドを止めるときに体幹に力をいれることで

デッドポイントの成功率もグンッと跳ね上がります。

 

デッドポイントやランジが苦手な人は

ぜひ体幹トレをしましょう!

 

[ボルダリング]デッドポイントが上達する呼吸法を手に入れる
デッドポイントが苦手なあなたへ贈る上達のポイント、呼吸法。呼吸によって力の出しやすさって全然違います。呼吸法を意識するだけで登りも変わってくるのであります。この呼吸法はデッドポイントだけでなくランジやダブルダイノにも応用できるのでぜひご活用ください。

体幹トレのここがつらい

体幹トレの嫌なところをぶちまけて

すっきりしてやろうと思います。

 

トレーニングが地味

ひたすら地味っす

地味な動きしかでてきません

 

地味でなおかつつらい(笑)

 

でも、そんなトレーニングが一番重要なんですな

地味だけど良い効果が得られるのが分かっているので

がんばります。

 

結果がでづらい

大きな筋肉を鍛えているわけではないので

鏡とかで見ても鍛えられているのが分かりません。

 

また、登ってもなかなか違いに気づけません。

 

半年とか一年かけてじっくりと登りが変わっていきます。

そのぐらいコツコツとしたものです。

 

しかし、これって重要で

すぐに結果の現れるトレーニングってありません。

 

ただ筋肉を大きくしても

それを使いこなせる身体でなくてはなりません

 

また、急激な身体の変化は身体を壊す原因にもなります。

筋肉をどんどん大きくしても、

その周りにある筋肉が鍛えられないと

支えきれずに壊れてしまいますからね。

 

結果はでづらいし目にもみえづらいけども

じっくりこつこつととレーニングをしていきましょう。

 

半年先、1年先の自分にプレゼントだと思って

じっくり鍛えましょうね。

 

まとめ

体幹トレーニングは地味できついっす

 

しかし、ブレない身体をてにいれることで

必要最低限の保持力で済む登りになったり

デッドやランジがうまくなったり、足が不用意にきれなくなったり

良い効果がたくさんあります。

 

トレーニングはめげるときもあるけど

継続は力

未来への自分に投資

じっくりこつこつ鍛えていきましょう!

 

体幹トレーニングのおススメはサッカーで有名な

長友選手の本

分かりやすくて良い感じです♪

[ボルダリング] グレードを上げたいあなたへおくるトレーニング方法
ボルダリングをする上でついて回る「グレード」。そのグレードを上げるためにはトレーニングという努力が必要となってきます。しかし、仕事で忙しくトレーニングをする時間もないよ!って人にもおススメできるトレーニングもあります。本記事では、簡単なトレーニングからハードなㇳレーニングまでご紹介していきます!
[ボルダリング×トレーニング]キャンパシングボードで鍛えられる接触筋力
ボルダリングのトレーニング。キャンパシングトレーニングでは接触筋力というものが鍛えられます。この接触筋力とはなにか、鍛えられるとどうなっていくかをご紹介。

 

コメント