[ボルダリング] キョンムーブのコツを覚えて上達しよう!

トレーニング

キョンムーブのコツを覚えて上達!

登っているときに、足場が安定しないことってありませんか?

 

ホールドを取りに行くときに下半身が安定しないと、

なかなか取りに行きづらいものです。

 

そんな悩みを解消する

「キョン」というムーブ。

 

今回はキョンムーブのコツをご紹介していきます。

 

キョンってなに?

クライミングのムーブ

「キョン」または「ドロップニー」ともいいます。

 

キョンとは足のホールドを内側から外側につっぱり安定させるムーブです。

片方の膝をしっかりと内側に倒しこみ、腰を壁に近づけることで

安定したまま距離をだすことができます。

 

力をあまり使わないので、女性にも使い勝手の良いムーブとなってきます。

 

*多用してしまうと膝を痛める可能性があるので慎重に!

 

スラブや垂壁ではあまり使いませんが。

傾斜のある壁で効果を発揮していくのであります。

 

では、さっそく見ていきましょう。

動画で見るキョンムーブ

まずは動画でキョンのムーブを見ていきましょう。

 

ダイアゴナルで登る動画とキョンで登る動画の2つを比較してみていきましょう。

 

ダイアゴナルの場合

[ボルダリング]ダイアゴナルムーブ

キョンの場合

[ボルダリング]キョンムーブ

と、こんな感じ

この課題はポケットホールドを取りに行くところが核心なのですが

核心部をダイアゴナルで抜けるのか

キョンで抜けるのかはたまた正対で抜けるのかで全然違ってきます。

 

そして、この課題はポケットを取り行くときに保持している

左手のホールドがかなりもちづらくなっています。

 

この、もちづらいホールドでダイアゴナルのムーブを起こすのが

なかなかつらくなってくるのですね。

 

そんなときに

「キョン」が役に立ってきます。

 

写真で比較

写真で比較してみましょう。

 

持ちづらいホールドでムーブを起こすのって結構大変です。

ダイアゴナルの場合は足場が安定しておらず、伸び上がる動きをするのに力が必要になってきます。

 

その点、キョンは足を内側から外側へ突っ張っているので安定しています。

 

キョンをするとどれだけ楽になるのかは実際にやってもらって体感していただくしかありませんが、

持ちづらいホールドで動きづらいときにはキョンをしてみるといいかもしれません。

 

キョンのやり方

写真を使って詳しく見ていきましょう。

 

まずは足の位置を決めます。

しっかりと両足で突っ張れるホールドを選びましょう。

 

そして、ホールドが決まったら取りに行く手のほうの膝を

しっかりと壁の内側に倒しこみます。

腰を壁に近づけて肩からホールドを取りに行くのがポイントです。

 

また、膝をしっかりと倒しこみ突っ張らないと逆に取りづらくなってしまいます。

失敗例

 

ホールドを保持したら、倒しこんだ膝を解除します。

 

つなげてみてみましょう。

 

膝がしっかりと倒れこみ両足で外側に突っ張っているのが分かるかと思います。

これがキョンムーブです。

力をあまり使わないので、楽に登れるようになります。

 

まとめ

・しっかりと膝を倒しこむ

・両足でホールドを突っ張って下半身を安定させる

・腰を壁に近づけて肩からホールドを取りに行く

・膝を痛めるリスクがあるので多用は厳禁

 

キョンは力をあまり必要としないムーブなので女性にもおススメです。

下半身が安定することで、今まで取れなかったホールドが

取れるようになっていきます。

 

キョンを使える場面に気づくということも大切。

ホールドが持ちづらい、ムーブを起こしづらい、下半身が安定しない

なんてときはキョンを思い出してみてください。

 

もちろん課題によって使える場面と使えない場面がありますので

しっかりとオブザベーションをして課題に挑戦することが重要です。

 

キョンムーブの理解を深めて、実践し、どんどん上達していきましょう!

 

以上

キョンのコツを覚えて上達しよう!でした!

 

初心者クライマー脱出!中級クライマーになるために覚えたいムーブ
クライミング、ボルダリングを始めてある程度登れるようになってから、現れる新たな壁。それは初心者と中級者の大きな壁です。その壁を乗り越えるために必要な「ムーブ」を覚えていきましょう。各種ムーブの解説を行っていきます。

 

ダイアゴナルムーブを詳しく解説した記事はこちらからどうぞ

[ボルダリング] ダイアゴナルムーブのコツを覚えて上達しよう!
クライミング・ボルダリングで最初に覚えることが多いムーブ「ダイアゴナル」。このムーブ実際にやってみると難しいと感じる方も多いはず。そこで、本記事ではダイアゴナルのコツや失敗例を上げて、ムーブの理解を深め、さらに実践して頂くことで上達の助けとなるようにしました。

 

アンダーホールド徹底攻略

[ボルダリング] アンダーホールドを攻略!初心者の上達への道のり
ボルダリングのアンダーホールドを攻略していく記事です。ホールドは向きによって名前も持ちやすさも変わっていきます。アンダーホールドへの理解を深めてどんどん登れるようにしていきましょう!

デッドポイント

[ボルダリング]デッドポイントが上達する呼吸法を手に入れる
デッドポイントが苦手なあなたへ贈る上達のポイント、呼吸法。呼吸によって力の出しやすさって全然違います。呼吸法を意識するだけで登りも変わってくるのであります。この呼吸法はデッドポイントだけでなくランジやダブルダイノにも応用できるのでぜひご活用ください。

フラッキング

[ボルダリング]フラッキングムーブのコツと方法~上達の道のり~
クライミング・ボルダリングのムーブ「フラッキング」。フラッキングにはアウトサイドフラッキングとインサイドフラッキングがあります。フラッキングはバランスを取りながら足数を減らせる効率の良いムーブです。コツと方法をご紹介していきます。ぜひご活用ください。

コメント