ボルダリングで指を鍛えるトレーニングは必要?

トレーニング

貴方は壁を登るときに一番使っているものはなんですか?

 

そう

「指」

ボルダリングで使う身体の部位

「指」です。

 

そのため指のトレーニングが必要と思う方がいらっしゃいますということで

ボルダリングで指を鍛えるトレーニングは必要?

結論から言いますと

指を鍛えるトレーニングは不要です。

 

不要といいながらも保持力を鍛えるための

ビーストメーカーの記事を書いていたりしてどっちやねん!って感じですが。

 

指トレが不要なのはボルダリングを始めた人、

ボルダリング初心者の人は完全に不要ということです。

 

理由は簡単

・登っているだけで鍛えられる

・怪我の可能性

の2点

 

「なぜ登っているだけで鍛えられるのか」

普段の生活で指を使って体重を支えることってあります?

ボルダリングを始めたばかりの人は指に体重をかけることすら

初めてに近いです。

ボルダリングでは最初は持ちやすいホールドで指への負荷も少ないです。

そして徐々に持ちづらくなり指への負荷が強くなっていきます。

 

登ってどんどん上達することで

指もそれに合わせて鍛えられていきます。

なのでまずは登るだけでも鍛えれるってことですな。

 

そして

「怪我の可能性」

身体の中でも特に小さく細い部位

「指」

鍛えるということはこの指に負荷をかけるということです。

そもそも指が弱いのにいきなり指だけを鍛えようとしたら

壊れてしまいますよね?

簡単にイメージできますよね?

こんな細い指に負荷を与え続けては壊れてしまいそうですよね?

ということです。

では

指を鍛えるトレーニングが必要な人は?

ボルダリングで2級や1級を登るような人で

さらに強くなりたい!って人には必要かなと思います。

 

しかし、怪我の可能性はかなりあるので

指トレもいきなり高負荷なものではやらずに

まずはぶら下がるだけなど低負荷なものにしましょう。

 

ロック&スノー82号

小山田大さんもぶら下がるだけのトレーニングをしていると書いてありました。

トレーニングをしたい人は必読ですね。

ROCK & SNOW 082 冬号 (別冊 山と溪谷)
ROCK&SNOW編集部
¥ 1,440(2019/01/04 22:55時点)

 

僕が実際に行っていた保持トレはこちら

[ボルダリング]簡単なのに誰もやらない保持力UP術
今回はボルダリング、保持力UPトレーニングです。 誰にでもできるような簡単な内容のトレーニングです。 すぐに効果はでませんが、長い目でみて鍛えて頂けるとよいかと思います。

 

やっぱりボルダリングって指は絶対に使うので

切っても切れない関係

悩みの種でありますな。

 

基本的には上級者でも登る内容を指が鍛えられるものに工夫すれば

登っているだけでも指はある程度鍛えられるのですが

(自分で持てないホールドを使った課題を作って打ち込むなど)

 

効率を考えたら指トレをトレーニングの一つとして組み込むのも

いいと思いますね。

 

指トレで必要なものはロックリングスやビーストメーカーなどなど

まずはぶら下がるところから始めてみましょう。

Beastmaker 2000
Beastmaker(ビーストメーカー)
¥ 34,333(2019/01/14 05:54時点)

ロックリングスは持ちては少ないですが取り付けは簡単ですね。

その他の指を鍛えるトレーニング器具はこちらの記事で

自宅で簡単!ボルダリングに必要な指を鍛えるトレーニング器具をご紹介!」

注意

とにかく怪我に注意です!

指は怪我のしやすい箇所なので

高負荷なトレーニングは避けましょう。

 

指を痛めている人はしっかり休みましょうね!

お伝えします。ボルダリングで指関節を痛めたあなたがすべきこと
指が痛い!怪我をした!クライマーの多くが抱える悩み。登っているとどうしても怪我は付き物です。怪我に落ち込み、治し方も分からなくなります。本記事では怪我の原因や治療法から予防までそしてメンタルの維持の方法までご紹介していきます。ぜひご活用くださいませ。

気になる人は気になる指が太くなる問題

女性は気になりますよね?ボルダリングで指は太くなるのか問題
ボルダリングをしていると指って太くなるの?という疑問にお答えします。

 

トレーニングの頻度についての記事はこちら

トレーニングの頻度は?毎日したほうがいいの?

 

んま適切なトレーニングと

身体を休ませることと

栄養バランスのとれた食事が大事だよってなことですよ

トレーニングはね

 

ということで

指トレは基本不要!

登っているだけで強くなる!

上級者でさらに強くなりたい!って人には必要というお話でした!



コメント